TOPページ > HOME THEATER > プロジェクター購入

プロジェクター

ポイント:映像の鮮明さ

予算:約25万円

Benq-PE7700

【主要スペック】
メーカー : BenQ
機種名 : PE-7700
投射方式 : DLP
コントラスト比 : 2500:1
最大輝度 : 1100ルーメン
パネルサイズ : 1280x720
入力端子 : コンポーネント/S端子/コンポジット/HDMI/BNC

前提条件として天釣り方式でプロジェクタをセットするので、一度セットし終わると殆ど触ることが無いだろうと予想が立ちます。 よってなるべく掃除とかに煩わしさを感じないものをと考えていました。

液晶式のプロジェクタの場合は、埃に対する耐性が低いのと液晶の色焼けが起こるので (実際会社で使用しているプロジェクタは2年くらいで焼けがひどくなっています)候補から外したいと思っていました。 また元々専用の部屋を構築する事に決めていますからかなり遮光が出来るので、あえて液晶式を選ぶ必要もなく、 高コントラストで黒の沈み込みも期待できるDLP方式を最初から考えていました。

唯一の不安材料は、よく言われる「レインボーノイズが見えるか?」でした。 これが見える人には我慢が出来ず吐き気すら覚えるとのことでしたので、購入前に一度自分の目で確かめたいと思っていました。 実際に数店の試写を見て回りましたが、殆どの量販店では薄暗い場所での試写だったので液晶式ばかりであまりDLP方式を置いている所が無く、 なかなか「レインボーノイズ」を確認する事が出来ませんでしたが、 秋葉原のアバックさんにお邪魔したら完全遮光の試写室が完備されておりこの目で確認、私の目には何もノイズは見えず。

さらにそこでは同価格帯のプロジェクタを見比べることが出来、液晶式に対してDLPの発色とつやの良さに驚きDLP方式に決断。 またそのときに対抗馬に上がっていた、同じDLP方式の三菱LVP-HC910Jとも比較しましたが、PE-7700はパネルサイズが1280x720に対し、 LVP-HC910は1024x576であり、明らかに映像の鮮明さで見劣りしていました。 ついでにPE-7700はHDMIを実装しており、将来性を考えてもこちらに軍配が上がりました。

アバックさんには本当に感謝です。



Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.