TOPページ > HOME THEATER > プロジェクターの設置方法

プロジェクターの設置方法

プロジェクターの設置方法は室内の状況により様々ですが、ここでは代表的な「天吊り」「床置き」について紹介します。

『天吊り』

視聴場所が最も自由に選べるのは「天吊り」方式です。 プロジェクターの下に座って見ることも、プロジェクターのレンズより前に座ることも可能だからです。 そして最もスクリーンに対して最適な中央位置に座りやすい事も挙げられます。デメリットはその設置までの手間でしょう。 まず通常の家庭の天井では、数キロもあるプロジェクターと天吊り金具のセットを吊れるほどの強度は持っていませんので、 天井補強が必要になります。あと忘れがちですが配線の取り回しも結構面倒くさい代物です。 天井裏を通すには色々と手間が掛かりますし壁を這わせるにしても垂れてこないように何箇所か固定が必要になります。

『床置き』

床置きの利点は何といってもその手軽さでしょう。 手ごろな台やテーブルにプロジェクターを置くだけで終わりです。 配線処理が面倒くさくても映画を観終わったらしまってしまえば問題ありません。 最大のデメリットは視聴位置が巧く取れないことです。プロジェクターより前にポジションを取ることは出来ません。 ベストポジションの後ろに座った場合機種によっては温風の吹き出し口が有ったりします。 またセンタースピーカーの位置により投射光を遮ってしまうこともあります。



Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.