TOPページ > HOME THEATER > プロジェクターの種類

プロジェクターの種類

プロジェクターの種類には用途に分けて大きくデータ用/シアター用の2種類と、 投射方式に分けて液晶/DLP/3管式の3つの方式があります。

『データ用プロジェクター』

通常業務用(プレゼンテーション用)として使われます。パソコン上のグラフや文字などを投射する事に特化しており、 高コントラストに設定されている機種が殆どです。ファンノイズも大きめの為、静かに映画を観るには余り適していません。 また映画などの激しい動きを再現するのは苦手でカラーノイズが気になる事く、映画を1本観終わると目が疲れます。 さらにパソコンとの相性に特化している為アスペクト比(縦横比)が4:3になっているものが多く、 16:9の映画を観るには向いていません。無理やり16:9を見えるようにする機能を搭載している機種もありますが、 殆どが上下をカットするタイプの為、映像の上下が切れてしまう欠点があります。

『シアター用プロジェクター』

シアター用のプロジェクターは主にDVDやハイビジョン放送などを投射するために設計されおり、 ややコントラストが落ちる代わりにファンノイズを押さえ、激しい動きでもカラーノイズが出にくい機種が殆どです。 最初からアスペクト比が16:9で設計されている為、ホームシアターを構築する場合はこちらを選ぶべきでしょう。

『液晶パネル式』

液晶パネル上に再生した映像を光源ランプの光で透過させスクリーンに投射する方式です。 液晶パネルのマトリクス表示を使い映像を再現する事と解像度が固定の為、拡大しすぎるとスクリーン上に格子状の縞が見えやすいです。 ランプ寿命が比較的短く、また埃の侵入により液晶パネルが汚れ画質劣化を起こしやすいのも液晶パネル式の欠点でしょう。 最近は随分と改善されてきましたが高コントラストを表現しにくいこともあげられます。 ただしっかり遮光した部屋でなくても映像が見えることと、他の方式に比べ安価で入手しやすいので最も人気が有ります。

『DLP式』

「DLP」とはDigital Light Processingの略で光半導体のことです。 この半導体上に100万個ものDMDと言われる超微小ミラーが敷き詰められ、そこにランプからの光が反射し映像が投射される方式です。 DLPの特徴として、焼付きや色あせが無い、高コントラスト、高寿命、画像の高精細性などが挙げられます。 また動きの早いスポーツやアクションに向いているのも特徴でしょう。 高コントラストのため黒の沈みが良く、非常に立体感のある映像を再現できます。 人によっては見える(私は見えません)カラーブレーキングと言われるレインボーノイズが欠点で、 これが見える人にはDLPはとても気分が悪くなるそうです。また比較的高価なことも欠点のひとつでしょうか。

『3管式』

RGBの光の三原色をそれぞれ別のブラウン管で再生しスクリーン上でひとつの映像とする方式です。 それぞれのブラウン管毎にズームとピントを合わせ映像を重ね合わせるため、設置には非常に時間を要します。 非常に高寿命で且つ解像度が固定されていない為、出力側の解像度に影響されにくいのも特徴です。 ただ非常に高価で(数十万円〜一千万円)一般家庭には普及せず、映画館や行楽施設などの一部に導入されているのみです (マニアはこれを中古で入手して家庭に設置している人も・・・)



Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.