TOPページ > HOME THEATER > スピーカーの配置

5.1ch〜7.1ch スピーカーの配置

ホームシアターを設計していく上で最も頭を悩ますのは恐らくスピーカーの配置でしょう。 事実私の場合も何度となくCADでスピーカーの位置を設計し直し、部屋のサイズも微妙に変更したりしました。 以下にITU(国際電気通信連合)が勧告する代表的なスピーカーの配置方法「ITU-R BS.775-1」を紹介します。 実際の配置を勧告通りにホームシアターで行うのは、かなり無理がありますので参考として見てください。

『ITU勧告 5.1ch』

よく耳にする「ドルビーサラウンド 5.1ch」とは、前方に3チャンネルのスピーカー 「FrontLeft」「FrontCenter」「FrontRight」を、後方には2チャンネルのスピーカー 「SurroundLeft」「SurroundRight」をそれぞれ配置します。また各スピーカーは等距離、同じ高さに設置します。 サラウンドスピーカーの配置位置は厳密ではなく、100〜120度の範囲に設置すれば問題有りません。 また、サブウーハーは志向性では無いので同一距離であれば何処に置いても構いません。 ただし、発生周波数が20〜120Hzと非常に低音のため、壁の近くに置くと共振を起しますので気をつけましょう。 床も共振しやすいので、ブロック等の硬いもので床面から離しで設置すると良いでしょう。
5.1ch配置図

『ITU勧告 6.1ch』

近年増えつつある「ドルビーサラウンド 6.1ch」とは、5.1ch同様前方に3チャンネルスピーカーを配置しますが、 後方に設置する左右のサラウンドスピーカーの中間、リスニングポイントの180度後ろに、「Surroundback」 スピーカーを設置するタイプです。また前方左右のスピーカーも5.1chでは30度だったものが、6.1chでは22〜30度の範囲になり、 真後ろにサラウンドバックを設置するためバランスを取り、左右のサラウンドスピーカーも90〜110度に変更されています。
6.1ch配置図

『ITU勧告 7.1ch』

最近出はじめたドルビー社推奨の「7.1ch」の配置は以下のとおりです。フロント3つ、サラウンド2つは「6.1ch」と同じ配置ですが、 バックサラウンドスピーカーが2個になります。設置位置は135〜150度の範囲となります。 さすがに7.1chともなるとそれなりのサイズの部屋を用意しないと巧く設置するのに困難を極めるでしょう。
7.1ch配置図


Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.