TOPページ > HOME THEATER > サラウンドの種類

サラウンドの種類

映画の世界で採用されている音響システムにはいくつか方式があります。

『ドルビーステレオ 4ch』

ドルビーと名の付くものは全てドルビー・ラボラトリーズが開発した音響システムです。 ドルビーステレオはアナログ音声情報を2チャンネルでフィルムに光学的に記録したものです。 この方式はフロント3ch、リア1chモノクロの計4chで構成されており、旧式の映画館にはまだ残っているところもあります。

『ドルビーデジタル 5.1ch』

ドルビーラボラトリーズが開発したAC-3(Audio Code number3)の規格で圧縮記録された方式です。 フロント3ch、リア2ch、低音0.1chを採用し5.1chと呼ばれています。 それぞれ独立して音声を再生できるので自由な音場を作り出せ、現在殆どの映画館とホームシアターシステムが採用しています。

『DTS 5.1ch』

DTSとはDigital Theater Systems社が提唱したドルビーデジタルの競合規格です。 ドルビーデジタルよりも低圧縮で記録されるため情報量が多くより高音質の再生を可能としています。 映画館で使用する音声情報はフィルム自体に記録せずCD-ROMで配布され、 フィルムのタイムコードと同期再生させるのも特徴のひとつです。

『ドルビーデジタル/DTS 6.1ch』

5.1ch方式に対しリアのサラウンドスピーカーを3chに拡張したシステムです。 リア中央に設置されたスピーカーをサラウンドバックと言い、このスピーカーのおかげで真後ろの定位感が向上しました。 ちなみにDTSの6.1chをDTS-ESと呼びます。

『ドルビーデジタル/DTS 7.1ch』

ITU勧告によると7.1chとは、6.1ch方式に対しリアのサラウンドスピーカーを1つ追加して、 サラウンドバックを2つに拡張したシステムのことをさします。これにより6.1chよりも更に臨場感溢れる音場を再生出来るようになります。 しかしながら7.1chのスピーカ配置については現在様々な提案がなされており、フロントに2つ追加や面白いものでは天井+垂直センターなど、 色々と考案されています。気をつけたいのは、特殊な位置にスピーカーを設置する場合メディアの記録チャンネルと出力設定が一致しないと、 5.1chでしか再生されないか、最悪の場合は変に再生されてしまい音響効果が逆に悪化してしまう事です。

『THX』

THXはルーカスフィルム社が考案した総合認定のことでサラウンドとはやや違います。 特に映画館に対するTHX認定は厳しく、音響のみならず映像、外部からの雑音の遮断性など様々な面からチェックを受け認定されます。 ホームシアター機器においてはAVアンプやスピーカーなど、製作者が作ったCDなどのクオリティが再生されているかチェックし認定されます。 またDVDなども同様に色、ノイズ、音響などチェックされて合格したソフトのみTHXが認定されます。



Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.