TOPページ> 麻雀牌の種類

麻雀牌の種類

麻雀牌には、大きく分けて数牌(シューパイ)字牌(ツーパイ)の2種類があり、 それらは全部で34種類かつそれぞれ4枚づつ、合計で136枚あります。 ルールにより赤牌(ドラ)を使うこともあります。

『数牌(シューパイ)』

牌(シューパイ)の数字は順に「1:イー」「2:リャン」「3:サン」「4:スー」「5:ウー」「6:リュー」「7:チー」「8:パー」「9:チュウ」 と読み、萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)の3種類があります。

『萬子(マンズ)』


"一萬"の場合は「イーマン」、"二萬"の場合は「リャンマン」と言う感じで、それぞれ数字の後ろに「マン」を付けて読みます。

『筒子(ピンズ)』


"一筒"の場合は「イーピン」、"二筒"の場合は「リャンピン」と言う感じで、それぞれ数字の後ろに「ピン」を付けて読みます。

『索子(ソーズ)』


"一索"の場合は「イーソー」、"二索"の場合は「リャンゾー」と言う感じで、それぞれ数字の後ろに「ソー」を付けて読みます。


『字牌(ツーパイ)』

字牌(ツーパイ)には、場を表す風牌(フォンパイ)と宮中の女性を表すと言われる三元牌(サンゲンパイ)があります。

『四喜牌(スーシーパイ)』


風牌(フォンパイ)、または四風牌(スーファンーパイ)とも言い、方角を表す牌です。 「東:トン」、「南:ナン」、「西:シャー」、「北:ペー」と読みます。

『三元牌(サンゲンパイ)』


この牌が何を指しているのか様々な説があります。たとえば「白(的)に發(矢)を射ち、中で当たり」と言うのもあれば、 宮中の女性の「おしろい、黒髪、口紅」を表しているという説もあり、これと言った定説がないのが現状です。 それぞれ「白:ハク」、「發:ハツ」、「中:チュン」と読みます。


『その他』

有る特定の種類の牌をあらわすものです。

『老頭牌(ロウトウハイ)』


1,9の数牌(シューパイ)のことを老頭牌(ロウトウハイ)と言います。

『公九牌(ヤオチュウハイ)』


字牌(ツーパイ)と1,9の数牌(シューパイ)を指します。

『中張牌(チュンチャンパイ)』




老頭牌(ロウトウハイ)を除いた、1,9以外の数牌(シューパイ)を中張牌(チュンチャンパイ)と言います。

『尖張牌(チェンチャンパイ)』


数牌(シューパイ)の端から3番目の牌のことで、辺張(ペンチャン)待ち専用の牌のことを指します。

『点棒』

:百点
:千点
:5千点
:1万点
通常ゲームスタート時「25,000点」か「27,000点」の持ち点でスタートします。
「25,000点」ならば、1万点×1 + 5千点×2 + 千点×4 + 百点×10
「27,000点」ならば、1万点×1 + 5千点×2 + 千点×6 + 百点×10



本コンテンツ内の牌関係の画像は、「まつセン」より無償配布されている
牌画シリーズを使用しています。

基礎知識
麻雀の基礎知識

麻雀のルール

麻雀の役

点数計算

麻雀研究
手作り

麻雀講座
【すじかい麻雀講座】
第一章
 いち早くテンパイまで辿り着け!

第二章
 しのいで失点を防げ!

東風荘
東風荘

東風リンク
東風荘リンク
  • 東風荘 (オフィシャル)
  • チャ助 (聴牌チェック)
  • 雀譜 (配譜再生ソフト)

おまけ
リアル麻雀