TOPページ> 麻雀の流れ

麻雀の流れ

麻雀は1人の親と3人の子が一つの卓を囲んで行う、原則4人で行うゲームです。

特別なルールを設けない限り、各自が東場(トンバ)と南場(ナンバ)の2回ずつ親になる、 半荘(ハンチャン)ルールでゲームは行います。

『起家(チーチャ)の決定』

最初にサイコロを振ったりジャンケンするなどして、「東・南・西・北」の位置になる席を決めます。

次に「東」に座った人が2個のサイコロを振って「親=起家(チーチャ)」を決めます。自分を「1から数えて」 サイコロの出た目分「東・南・西・北・・・」と反時計回りに数え、当った人が「親=起家(チーチャ)」となります。

この作業は半荘(ハンチャン)の最初だけ行います。

『ゲームの流れ』

上記により起家(チーチャ)が決定したらいよいよゲームの開始となります。

麻雀は一人の親が終了すると次の人が親になり、それを各場(東場と南場)で繰り返します。 つまり一人2回の親を経験するわけですが、この節目節目の状態を「局」と呼び、各場4局の計8局を戦うゲームなのです。

『親の移動』

1局が終了すると親が移動します。※起家(チーチャ)は移動ません。

上図を見ていただくと分かりますが、麻雀の親は反時計回りで移動します。 その理由は座席(風=方角)が反時計回りで設定されているためなのです。ちょっと違和感がありますが慣れてください。

一周して起家(チーチャ)に親が戻ってきたら南場(ナンバ)になります。

『配牌(ハイパイ)とドラ表示牌の決定』

【配牌後】

親が決まると親になった人がサイコロを2個振り、先ほどと同じように出た目分数えて止まった人の所から牌を取ります。

取り方は、先ほどの出た目分を牌山の右から数えて残し、残した左側の牌から上下2個づつ計4枚を各自が順番に取っていきます。

各自が3回づつ計12枚取り終わったら、親は更に残った牌山上段の一番左と3番目の牌を取ります。 子供達は残った下段と、上段、下段の順に1枚づつ牌を取ります。

この段階で親は14枚、子は13枚の手牌がある状態となります。

次に王牌(ワンパイ)の上段左から3番目の牌をおもてにしてドラ表示牌を決定し、ゲームが始められる状態になります。

『自摸(ツモ)の流れ』

【配牌後】

配牌が終了したら、1枚多い親が手牌から場に牌を切る(捨てる)ことでゲームがスタートします。

次に南家の人が1枚山から牌を自摸(ツモ)り、不要牌を1枚場に捨てます。

これを順番に「東家→南家→西家→北家・・・」と行い、誰かが和了る(あがる)か、山が無くなるなで繰り返して流局するまで行います。

ここでややこしいのが、自摸(ツモ)る人は反時計周り、自摸(ツモ)る牌は時計回りと言うこと。 コンピュータゲームで麻雀をする人は、意外に雀荘などで打つとこの一連の流れを理解していなかったりします。



本コンテンツ内の牌関係の画像は、「まつセン」より無償配布されている
牌画シリーズを使用しています。

基礎知識
麻雀の基礎知識

麻雀のルール

麻雀の役

点数計算

麻雀研究
手作り

麻雀講座
【すじかい麻雀講座】
第一章
 いち早くテンパイまで辿り着け!

第二章
 しのいで失点を防げ!

東風荘
東風荘

東風リンク
東風荘リンク
  • 東風荘 (オフィシャル)
  • チャ助 (聴牌チェック)
  • 雀譜 (配譜再生ソフト)

おまけ
リアル麻雀