TOPページ> 役作りの基本

役作りの基本

麻雀の役を作るには、何をおいても「型」を覚える必要があります。 ここでは「三つ手牌型」と「五つの面子型」を、まず頭に入れましょう。

『手牌型』

麻雀は14枚で役を作りあう競技です。それぞれの「型」の枚数の組合せを頭に叩き込みましょう。

役の「型」は下に示した3種類しかありません。厳密には槓子(カンツ)形もありますが、 これは基本形の4枚一組が1面子となる変則版ですので基本型に入ります。

下の3つさえおさえれば、あとは実際の役を覚えるだけになります。 特に対子形と国士形は、それぞれ対応する役が1つづつしか有りませんので覚えるのは簡単です。 あとは、上がりの基本形をマスターすれば怖いものなしになるでしょう。

『基本形』

    
3枚1セットを面子(メンツ)と言い、その面子が4つと雀頭(ジャントウ)が1つで構成されます。 ほぼ全ての役がこの「型」に当てはまる基本中の基本の「型」です。

『対子(トイツ)形』

      
7組計14枚全てが2枚一組の雀頭(ジャントウ)の集まりで構成されます。その名の通り七対子(チートイツ)がこの「型」に当てはまります。

『国士(コクシ)形』

 
全てが「不連続」の集まりで出来ていて2つにも3つにも分けられません。国士無双(コクシムソウ)がこの「型」に当てはまります。


『面子の型』

役を完成させるにはいくつかの面子を組み合わせます。面子にも「型」があります。

面子の「型」は下記5種類だけです。
基本の役は下記の「順子」「刻子」「槓子」を組み合わせて完成させますので、 形さえ覚えてしまえば、後の役を覚えるのは簡単になります。

『対子(トイツ)』

    

  • 同一牌が2枚。
  • 後1枚付くと「刻子(コーツ)」になる。

対子を7枚集めれば、七対子(チートイツ)という役になります。
また対子は、同一牌をもう一枚足せば刻子(コーツ)になり1面子が完成する「面子予備軍」です。 そしてなんと言っても、和る(あがる)ために必要な雀頭はこの対子のことです。 すなわち、どのような型の役にも必ず使われる形といえます。

『塔子(ターツ)』

:辺張塔子(ペンチャンターツ)
:嵌張塔子(カンチャンターツ)
:両面塔子(リャンメンターツ)

  • 数牌が2枚。
  • 後1枚付くと「順子(シュンツ)」になる。

塔子はそのままでは面子になりえませんので、必ず後1枚が必要になる「面子予備軍」です。 その残り1枚で連続した3つの数字になり完成します。また塔子には上記3種類しかありません。

『刻子(コーツ)』

:明刻(ミンコウ)   :暗刻(アンコウ)

  • 同一牌が3枚。
  • 後1枚付くと「槓子(カンツ)」になる。

「明刻」と「暗刻」があり、「明刻」は鳴いて「暗刻」は門前で作ります。

『順子(シュンツ)』

:明順(ミンシュン)   :暗順(アンシュン)

  • 連続した数牌が3枚。

「明順」と「暗順」があり、「明順」は鳴いて「暗順」は門前で作ります。

『槓子(カンツ)』

:暗槓(アンカン)
:明槓(ミンカン)
:小明槓(ショウミンカン)

  • 同一の牌が4枚。
  • 宣言して副露(フーロ:さらす事)しなければ成立しません。
  • 明刻に加槓(カカン:引いた牌を加えること)すると小明槓になります。

刻子や順子と同様に、「明槓」と「暗槓」があります。 また槓子の特徴の一つは、「明刻に加槓」することが出来ることです。

槓の利点は通常の山牌ではなく王牌(ワンパイ)から1枚牌を引ける事にあります。 即ちドラ表示牌を1枚余分に開けるので、ドラが乗る可能性が増えることです。 逆に敵もそのドラが使えるので、敵にも有利になる諸刃の剣でもあります。



本コンテンツ内の牌関係の画像は、「まつセン」より無償配布されている
牌画シリーズを使用しています。

基礎知識
麻雀の基礎知識

麻雀のルール

麻雀の役

点数計算

麻雀研究
手作り

麻雀講座
【すじかい麻雀講座】
第一章
 いち早くテンパイまで辿り着け!

第二章
 しのいで失点を防げ!

東風荘
東風荘

東風リンク
東風荘リンク
  • 東風荘 (オフィシャル)
  • チャ助 (聴牌チェック)
  • 雀譜 (配譜再生ソフト)

おまけ
リアル麻雀