TOPページ>CINEMA ROOM>イントゥ・ザ・ブルー
佐助の部屋_映画レビューRSS

イントゥ・ザ・ブルー

イントゥ・ザ・ブルー_ポスター
≫≫Amazonで調べる

INTO THE BLUE

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/アドベンチャー/サスペンス
製作年 2005
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ジョン・ストックウェル
出演 ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ、スコット・カーン、アシュレイ・スコット、ジョシュ・ブローリン
【ストーリー】

バハマで暮らすジャレッドの夢は、財宝を積んだ沈没船を見つけること。今は貧乏ながらも、恋人のサムと幸せな毎日を送っている。そんなある日、友人2人を交えた4人でダイビングしている途中、ジャレッドはついに伝説の沈没船の痕跡を見つける。しかし同時に、すぐそばで大量の麻薬を積んだ飛行機まで発見してしまう。海底に沈んだ飛行機の件を警察に話せば、現場は封じられ宝の船にも近づけなくなる。そこで飛行機の存在はしばらく秘密にし、船の探索を始めた4人だったが・・・。


【レビュー】

とにかく海が綺麗で、今すぐ南国の海に行きたくなります。

海が嫌いな人とジェシカ・アルバに興味が無い人は、きっとそれ程評価しない映画かも知れません。因みに私はどちらも好きなので、しっかり合格点になりました。

海に沈んだ財宝を探すなど夢物語のようですが、実際今もカリブ海では、数多くのトレジャー・ハンター達が一攫千金を夢見て、かつて海賊に襲われて、財宝を積んだまま沈んだ貿易船などを発見しようと活躍しています。現実に進化した近年の技術で何件か発見されている事を考えると、ロマンを感じずにはいられません。

ストーリーはありがちですが、まあ余り凝った仕掛けもなくサッパリとしていて、バハマの海にピッタリな内容となっています。むしろこの映画はストーリー自体よりもその海の美しさをメインに置いているので、そちらをしっかりと堪能したほうが得策です。

また、とにかくサービス精神旺盛で、あらゆる角度からビキニ姿のジェシカ・アルバを堪能できますし、引き締まった体で魚のように泳ぐポール・ウォーカーも魅力的です。何でも彼は40メートル位なら何もつけずに潜れるとか。

そもそもこの映画は、基本的に殆んどが素潜りですので、邪魔な泡も殆んどなく、とにかく幻想的で美しい南国の海を満喫できます。

あとバハマという事もあり、とにかくサメだらけの海ですが、全くCGを使わずにサメの中での撮影を行った事にも賞賛に値するでしょう。(3mもの巨大サメが来たら私は絶対潜れませんが・・)


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.