TOPページ>CINEMA ROOM>ナイト ミュージアム2
佐助の部屋_映画レビューRSS

ナイト ミュージアム2

ナイト ミュージアム2_ポスター
≫≫Amazon で調べる

NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN

評価 ★★★★★|★★
種別 コメディ/ファンタジー/ファミリー
製作年 2009
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ショーン・レヴィ
出演 ベン・スティラー、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン、ハンク・アザリア、ビル・ヘイダー、リッキー・ジャーヴェイス
【ストーリー】

 ある日、ニューヨークの自然史博物館にいた展示物から博物館の元警備員ラリーに電話が入る。その前日、展示物たちはワシントンにある世界最大の博物館スミソニアンの倉庫に移送されていたはずだったのだが・・・。実は、不思議な力をもつ“魔法の石版”が一緒に運びこまれてしまったために、世界最大の博物館のあらゆるものが生き返ってしまったというのだ。あわててワシントンに飛んだラリーは、ニューヨークにいる息子と協力しながら目的の場所にたどり着く。
 しかし、ようやく見つけた石版に手を伸ばしたその瞬間、石版は光を放ち・・・。そして、よみがえった古代エジプトの王ファラオが石版の新たな魔法を使って軍隊をよみがえらせ、さらにナポレオンらの歴史上の有名人たちを従えて、世界征服の野望に燃えていたのだ!しかも、その周りではありとあらゆる展示物たちが勝手気ままに動き出し・・・。はたして、ラリーの仲間たちや博物館、そして世界の運命は?ファラオの陰謀から世界の歴史を守るため、時空も想像も超えた史上最大のアドベンチャーが今始まろうとしていた・・・!


【レビュー】

ラリー(ベン・スティラー)の謎の成長に思わずビックリする映画です。

最近は美術館や博物館の来客数が減り維持が難しくなっているようで、普段撮影など許されることはない貯蔵庫への取材が、この映画の撮影時には許可されたとのこと。そのかい有ってか、普段我々が見ることが無い裏側が見られて得した気分になります。

この映画は、前作で大ヒットしたファミリー・コメディ「ナイト ミュージアム」の続編で、不思議な石版の力で夜中に展示物が命を得て動き回る設定はそのままに、舞台をニューヨークの自然史博物館から、ワシントンのスミソニアン博物館に移しての話になります。

前作から既に2年たち、発明家として成功して忙しい社長の身となったラリーですが、その間に自然史博物館はリニューアルを迎えようとしており、ラリーと仲良しだった動く展示物たちはスミソニアン博物館の貯蔵庫に移されることに・・・。

結構テンポが良く基本がコメディなので、日本語吹き替え版で子供と一緒に楽しめるファミリー映画ですが、ある程度歴史を知っているとギャグの内容にニヤリと出来る作りは十分に大人の鑑賞に耐えられる出来でした。

乙な設定なのが、ヒロイン役の冒険家アメリア・イヤハート(エイミー・アダムス)との一夜の限られた恋物語です。自分が動けるのは石版の力だとちゃんと知っていて、それでもラリーと甘くてちょっと切ないライトな恋が芽生えます。

彼女の前向きで失敗を恐れない行動力とキュートな顔立ちが、ともすればガチャガチャして子供向けになりそうなこの映画に花を添えていました。

それと面白い設定だったのが、“写真の中”に逃げ込むシークエンスと、そこから繋がるエンドロール中のワンカットです。史実とは違いますが、あの出来事がきっかけで世界最大の携帯電話企業モトローラにつなげるとは。

今回は息子との絡みがかなり少ないのがやや気になりましたが、十分楽しめる映画でした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.