TOPページ>CINEMA ROOM>ミッション・インポッシブル
佐助の部屋_映画レビューRSS

ミッション・インポッシブル

ミッション・インポッシブル_ポスター
≫≫Amazonで調べる

MISSON: IMPOSSIBLE

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/サスペンス/スパイ
製作年 1996
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 トム・クルーズ、ジョン・ボイト、エマニュエル・ベアール、ジャン・レノ、エミリオ・エステベス
【ストーリー】

ある日、アメリカの諜報員組織IMFに機密の仕事依頼が来た。仕事を任されたイーサンのチームは、いつも通り用意周到な作戦を遂行していたにも関わらず、作戦は大失敗。次々と仲間が殺されて行く中で、イーサンとクレアだけが生き残る。ところがこの作戦は組織の裏切り者を探し出すためのニセの作戦で、生き残ったイーサンが疑われてしまう。様々な情報から"ヨブ"と名乗る人物が裏切り者であることを察知したイーサンは、"ヨブ"と取引のあるマックスとコンタクトし、 "ヨブ"を呼び寄せようと画策した。イーサンはマックスとの取引条件としてCIAの工作員リストを提供すると約束し、リストを手に入れようとCIAに潜入するが…。


【レビュー】

面白いです。結構凝ってます。

特にオープニング。大人気テレビシリーズ「スパイ大作戦(邦題)」を見てた人はニヤリとするはず。バックに流れるあのテーマ曲に期待感で胸が膨らむこと間違いなしです。「おはよう、フィリップス君」とか聞こえて来るんじゃないかと思わず勝手に思い込んでしまいました。

ストーリーは非常にテンポ良くまとめられており、そこらじゅうにギミックが仕掛けられているため、一度見た程度では全部を把握しきれないと思います。二度観ることで奥の深さが実感できるでしょう。また中盤のCIA潜入のスリル感といい、終盤のアクションシーンといい、程よくスパイスが効いています。ただやや不満が残るのは、トム・クルーズが前に出過ぎな感がしたことです。「Misson Impossible」と言えば、各分野のスペシャリストが力を合わせ、不可能を可能にするチームワークが売りです。しかしこの映画では、中盤にそれらしいシーンが組み込まれているものの、あとは殆どがトム・クルーズの独壇場に近いのです。

別の題名でこの映画を作ったなら、90点を付けても良いスパイ映画ですが、これは「Misson Impossible」。もう少し「らしさ」を出したほうが良かったでしょう。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.