TOPページ>CINEMA ROOM>バイオハザード
佐助の部屋_映画レビューRSS

バイオハザード

バイオハザード_ポスター
≫≫Amazonで調べる

Resident Evil

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/アクション/ホラー
製作年 2002
製作国 ドイツ/イギリス/アメリカ
配給 アミューズピクチャーズ
監督 ポール・W・S・アンダーソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス、ジェームズ・ピュアフォイ、マーティン・クルーズ、コリン・サーモン
【ストーリー】

近未来のアメリカ中西部、ラクーンシティー。巨大企業、アンブレラ・コーポレーションは、"ハイブ"と呼ばれる地下研究施設でバイオ兵器の研究を進めていた。ところがある時、施設内にハロンガスが蔓延するという非常事態が発生し、研究員たちは次々と息絶えていく。ハイブの中枢コンピューターである"レッド・クイーン"は非常用装置を作動し、施設は完全に外界から遮断されてしまう。危険な殺人鬼と化したレッド・クイーンを停止させるために特殊部隊が派遣され、彼らは施設の出入り口付近で倒れている女性・アリスを発見。記憶を失っている彼女を帯同して、部隊はハイブ内へと侵入する。彼らがそこで見たものは、想像を絶するような恐るべき光景だった…。


【レビュー】

扉を開けたく無い・・・・

全世界で2000万本以上売り上げた超人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード:カプコン」の映画化です。

ゲーム自体の世界観がしっかりしている事とその世界観をそのまま使ったことでこの映画は成功したと言えます。登場するクリーチャー達も巨大製薬企業アンブレラも、そしてTウィルスもそのままです。ただ登場人物だけはゲームとの関連性はありません。

因みにこの監督、デビュー作がゲーム映画の「モータル・コンバット」だったのですね。本人もバイオハザードの大ファンという事もあり、監督としてはうってつけだったようです。

私自身もバイオハザードのゲームが出た当時はかなりハマッタので、正直納得できるか不安だったのですが、全く問題無しです。あの扉を開ける時の緊張感を再現出来ていたのは良かったと思います。

しかし、映画内で使われているレーザーでサイの目に刻まれるシーンは「CUBE」のパクリでしたねぇ。まあ巧く纏め上げていたから問題ないのですが。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.