TOPページ>CINEMA ROOM>K-19
佐助の部屋_映画レビューRSS

K-19

K-19_ポスター
≫≫Amazonで調べる

K-19 THE WIDOWMAKER

評価 ★★★★★|★
種別 サスペンス/ドラマ
製作年 2002
製作国 アメリカ/イギリス/ドイツ
配給 Nippon Herald Films Inc.
監督 キャスリン・ビグロー
出演 ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン、ピーター・サースガード、クリスチャン・カマルゴ、ピーター・ステッビングス
【ストーリー】

米ソ冷戦中の1961年。ソビエト連邦海軍は、初の核弾頭搭載型原子力潜水艦"K-19"のテスト航海の艦長に、軍部の意志に忠実なアレクセイを任命した。これまで艦長を務めていたミハイルは乗組員の安全を優先する考え方を持っていたため、副長に更迭される。新旧の艦長は意見を対立させながらも無事にミサイル発射テストを終え、"K-19"には引き続き新たな任務が課せられた。だが任務の途中で艦内の冷却装置が故障し、"K-19"は炉心の融解と潜水艦発射弾道ミサイル暴発の危機に直面する。しかも現在の航路はNATO基地の眼前、ここでの放射能事故は第三次世界大戦の引き金にもなりかねなかった…。


【レビュー】

悪くは無いとおもいます。

今回のように旧ソ連(現ロシア)の原潜が実際に引き起こした事故を、アメリカが映画化した事に驚きを隠せませんが、きっとロシアとしては余り触れたくない過去の事故であり、恐らくロシア自体が公にする事はなかったと思われます。そう言う意味ではアメリカが映画化した事は評価に値しますし、また米ソ冷戦時代は遠い昔の出来事となった証拠なのだと頭の片隅で考えてしまいました。

本編は旧ソ連が舞台にも係わらず全て英語で会話が進みますが、違和感があったのは最初だけでしたので問題なし。ただ事実に基づいた構成という事は理解しますが、余りメリハリが無く途中でダレてしまったのが勿体有りませんでした。艦長と副官との対立は何となく同じ潜水艦物の「クリムゾン・タイド」を思い出してしまい、限界深度潜行は「U-571」を・・。まあ確かに潜水艦物って閉鎖空間で物語が進行するので、メリハリを付け難いでしょうが微妙に二番煎じの臭いがしたのも事実です。ただし、冷却水漏れから始まるパニックと、その後命を賭けて修理を行う彼らには胸を打たれる思いがします。これが事実という事がなお更緊迫感を煽り立てるのは言うまでも有りません。それだけにもう少しメリハリが欲しかったなと。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.