TOPページ>CINEMA ROOM>スパイダーマン3
佐助の部屋_映画レビューRSS

スパイダーマン3

スパイダーマン3_ポスター
≫≫Amazonで調べる

SPIDER-MAN 3

評価 ★★★★★|★
種別 SF/アクション/アドベンチャー/青春
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Sony Pictures Entertainment Inc.
監督 サム・ライミ
出演 トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ブライス・ダラス・ハワード
【ストーリー】

ヒーローとしての活躍がようやく世間に認められ、ニューヨークの市民から愛される存在となったスパイダーマン(トビー・マグワイア)。私生活では、MJ(キルスティン・ダンスト)との結婚も秒読みに入り、ピーター・パーカーの人生は絶好調だった。しかし、警察からもたらされたある衝撃的な真実が、ピーターの心をかき乱す。最愛の伯父ベンを殺した真犯人が別に存在し、その男=フリント・マルコ(ト?マス・ヘイデン・チャーチ)が刑務所を脱獄し、現在逃亡中であると。激しい怒りに燃え、復讐心を募らせるピーター。そんなピーターに、ある謎の黒い液状生命体がとり憑く。その黒い液状生命体は、スパイダーマンの衣装を黒く染め、パワーもスピードも今までと比べられないほど強力な“ブラック・スパイダーマン”へと変化させてしまう。ただ同時に、ピーターの心まで黒く変化させていく。


【レビュー】

少しマンネリ化してきた感じです。

監督はシリーズ1から代わらず「死霊のはらわた」のサム・ライミです。今回のテーマはズバリ「復讐」または人間の心に巣くう「暗部」です。

今回でついに3作目となったこのシリーズも、そろそろ息切れしてきたのでしょうか。前作も随分と主人公の「葛藤」の時間が長くイライラ感が募りましたが、今回も妙にイライラしたのは、主人公パーカーが恋人MJの気持ちを勝手に分かったつもりになって、内心有頂天になっているシーンを引っ張りすぎた辺りでしょうか。このあたりはサラリと終らせて、もっと様々な救出劇を見せた方が良かった気がします。スパイダーマンはピンチを救うニューヨークのヒーローでなのですから・・・。ただ、蜘蛛糸でビルの合い間を飛ぶように移動するのがスパイダーマンの特技で有るとは言え、いい加減マンネリ感が漂ってきました。そろそろ何か新しい挑戦をしないと、数あるシリーズ物のように3作目で息切れして4作目はお蔵入りとかにならないか心配です。

しかしアメコミの本編を読んでないので何ともいえませんが、謎の生命体のご都合主義的な登場の仕方にひねりがなさ過ぎるのと、予想していたこととは言えニュー・グリーン・ゴブリンの扱いが余りにも脇役過ぎるきがしまた。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.