TOPページ>CINEMA ROOM>アンダーワールド
佐助の部屋_映画レビューRSS

アンダーワールド

アンダーワールド_ポスター
≫≫Amazonで調べる

UNDERWORLD

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/ファンタジー/ホラー
製作年 2003
製作国 アメリカ
配給 GAGA Communications - HUMAX Cinema
監督 レン・ワイズマン
出演 ケイト・ベッキンセイル、スコット・スピードマン、シェーン・ブローリー、マイケル・シーン、ビル・ナイ
【ストーリー】

ブラックレザーのコートに身を包み、夜の町を見下ろす美女セリーン。ヴァンパイアのセリーンは、長年戦い続けている宿敵ライカン(狼男族)の処刑人だった。ある晩、マイケルという青年医師に出会ったセリーンは、ライカンが彼を執拗に追い続けていることを不審に思う。やがて、マイケルこそが両種族の戦いの鍵を握っているのだと気づき、マイケルが持つ恐るべき秘密を知る。そして、ついに驚愕の過去が明かされるとき、セリーンは本能のままに最後の戦いへと身を投じていくのだが…。


【レビュー】

非常にシックかつスタイリッシュな映画です。

この映画、かつて幾度となく作られてきた「吸血鬼」「狼男」系の映画とは一線を隔し斬新な設定を取り入れています。なぜならば物語はあくまでも「吸血鬼vs狼男」なのですから。我々人間界とは殆んど関わりのないアンダーワールド(地下社会)での両種族の長きに渡る抗争をテーマにしているため、最初の掴みで感情移入できないと置いてきぼりをくらい、完全に傍観者となってしまう可能性があります。私の場合はすんなりと溶け込めたため、かなりお気に入りの映画になりました。

ケイト・ベッキンセイル扮するヒロインがお色気ムンムンではなく非常にスタイリッシュで格好良く、中だるみ無く散りばめられた大小様々なアクションシーンも無駄が無く洗練されています。ど派手なアクションシーンは見られないので、そちらを望む方は「ブレイド」の方が良いでしょう。むしろ雰囲気的には「吸血鬼ハンターD」が近いと思います。

2部作の最初という事ですから、続編が楽しみです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.