TOPページ>CINEMA ROOM>ドリヴン
佐助の部屋_映画レビューRSS

ドリヴン

ドリヴン_ポスター
≫≫Amazonで調べる

DRIVEN

評価 ★★★★★|★
種別 アクション
製作年 2001
製作国 アメリカ
配給 Nippon Herald Films Inc.
監督 レニー・ハーリン
出演 シルベスター・スタローン、バート・レイノルズ、キップ・パーデュー、ティル・シュワイガー、エステラ・ウォーレン
【ストーリー】

カートレースの世界に、すい星のごとく現れた新進ドライバー、ジミー。才能にあふれる彼は昨年度チャンピオン、ボーに迫る勢いで躍進し、ついには今シーズンのトップの座に踊り出た。その矢先、チームの監督カールの指示を無視したジミーは接触事故を起こし、レース放棄を余儀なくされる。若きドライバーが直面した初めての壁。カールは、そんな彼を立ち直らせるべく引退した名レーサー、ジョーをチームに呼び戻す。ジョーもまた、悲劇的な大事故によって挫折した過去を持つひとり。ジミーのサポート・ドライバーとなった彼は、粘り強く指導にあたり、最初は反発していたジミーも経験豊富なジョーの言葉に少しずつ心を開いていく。ジミーの心を癒したもうひとりの人物は、新しい恋人ソフィア。ボーと交際していた彼女は、レースにストイックなほど打ちこむボーに愛想をつかしていた。一方のボーはソフィアに去られ、初めて失ったものの大きさに気づく。そんな彼らの思いが、スポンサーのパーティー会場でクラッシュした。ソフィアに許しをこうボー、彼を受け入れるソフィア。彼らの姿を目のあたりにしたジミーは傷つく。そんな彼を支えるジョー。果たして、真の栄冠は誰の手に輝くのか…?


【レビュー】

スッキリした映画。

ラジー賞候補に上がっているようで、評価も2つに分かれているようですが、私的には合格点です。内容は普通にありそうなカーレース物に、男の友情と嫉妬等をブレンドしていますが、その辺りはサッパリしていて、しつこくない所が良いです。この映画の見所は、なんと行ってもレースシーンとクラッシュシーン。私も昔からカーレースは好きで、「ツインリンクもてぎ」にCARTを見に行ったり、「鈴鹿」にF-1を見に行ったりしていますが、レースシーンは結構良く出来ていると思います。と言うより、本物のCARTレースを映画のシーンに使っているのだから当たり前ですね。それと、最終戦の始まる前は、CARTを知っている人ならば「ニヤリ」とさせられますよ。本物のCARTドライバーが多数出てきますからね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.