TOPページ>CINEMA ROOM>ダイ・ハード4.0
佐助の部屋_映画レビューRSS

ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード4.0_ポスター
≫≫Amazonで調べる

LIVE FREE OR DIE HARD

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/サスペンス
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 レン・ワイズマン
出演 ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント、クリフ・カーティス、マギー・Q、メアリー・エリザベス・ウィンステッド
【ストーリー】

独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部に異変が起こった。交通、通信、原子力、水道などのあらゆる全米インフラを監視するシステムに、何者かがハッキングを仕掛けてきたのだ。この部署を指揮するボウマン部長は事態を重く見て、FBIのブラックリストに載っているハッカーたちの一斉捜査を部下に命じる。
その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、管轄外であるニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。しばらく連絡を取っていない別れた妻のと娘ルーシーと会うためだった。ところが美しい女子大生に成長したルーシーは、ボーイフレンドと一緒にいるところに突然現れた父に猛然と反発。すげなく娘に立ち去られたマクレーンは、上司からの無線連絡でさらに己の不運を思い知らされる。FBIからのお達しで、ニュージャージー州内に住むマットというハッカーの身柄を確保し、ワシントンDCのFBI本部に連れて行けというのだ。
渋々マットのアパートを訪ねたマクレーンは、そこで謎の一味に襲撃されしまう。一瞬の機転を利かせて敵の銃弾を潜り抜けた彼は、マットとともに車に乗り込み、ワシントンDCをめざす。一味はガブリエル率いるテロ集団の傭兵部隊だった。マットはガブリエルがこれから実行しようとしている壮大なテロ計画をまったく知らぬまま、彼の恋人であるマイから依頼されたプログラムの開発を請け負っていたのだ。すでにマット以外にこの件に関わったハッカーたちは、口封じのためガブリエルの手下によって全員が「オフライン」化されていた・・・。


【レビュー】

このダイ・ハードは面白い。

あのこの世で最も不運な男ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、アンダー・ワールドシリーズのレン・ワイズマン監督の手で蘇りました。ダイ・ハードシリーズは全て観ていますが、1988年に公開された第一作目の衝撃が大きすぎて、以降のシリーズはズブズブと沈んでしまった感じでした。そして3作目から12年の歳月が流れ久しぶりの登場となったダイ・ハード4への期待は、正直なところ「少しは楽しませてくれよ」くらいのものでした。

物語はシリーズ通して共通の「不運かつ諦めない男」を幹に、ローテクおやじのマクレーンとハイテク青年マットがテロ集団に追われつつも追い詰めていくバディムービーです。過去の作品では相手役が刑事だったのに対して今作ではハッカー青年を持ってきたのがとにかく大正解。敵は超ハイテクテロ集団ですから普通にマクレーンが銃を手にしたって、所在を捉えることすら不可能なのです。そこでハイテクハッカー青年のマットが登場。ハイテクにはチンプンカンプンのマクレーンを見事にエスコートして最終兵器のようなこのローテク男を敵の本拠地に放り込むのです。このジェネレーションギャップを巧く利用して時には笑いを誘い、怒涛のようなアクションの連続に束の間の休息を用意して、飽きさせないように工夫されています。

またF-35戦闘機を登場させるなどマニアに対してもさり気なくアピール。あそこでハリアーを持ってきてたら評価はガタ落ちしているところでした。

今回のダイ・ハード4.0は一作目ほどのサスペンス性は有りませんが、下手に深い設定やストーリーにせず能天気アクション映画としてテンポ良く作った事で、二・三作目からの悪い流れを断ち切る事に成功したと思います。

今年のアクション超大作として1,2を争う出来ではないでしょうか?


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.