TOPページ>CINEMA ROOM>スリーキングス
佐助の部屋_映画レビューRSS

スリーキングス

スリーキングス_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THREE KINGS

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/戦争
製作年 1999
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 デイビッド・O・ラッセル
出演 ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ、アイス・キューブ
【ストーリー】

1991年3月、イラク砂漠地帯のベースキャンプ。湾岸戦争における多国籍軍側の勝利が確定して停戦が公式に発表され、兵士たちは帰還の準備を始めていた。特殊部隊のアーチー・ゲイツ少佐(ジョージ・クルーニー)は数々の国際紛争の場で活躍してきた職業軍人。湾岸戦争での自分たちアメリカ兵の役割をシニカルな目で見ている。除隊を間近に控えているが、その後に待っている生活に、特に期待しているわけではなかった。
補充兵であるトロイ・バーロー上級曹長(マーク・ウォールバーグ)は、妻と幼い娘に会えずホームシックにかかっているが、自分の任務に誇りを持っている。チーフ・エルジン二等軍曹(アイス・キューブ)は、敬虔なクリスチャンであり、つねに黙々と任務を遂行することで仲間から尊敬されていた。
そんな三人が、降伏したイラク軍兵士から、クウェートから奪われた大量の金塊の隠し場所を示す地図を手に入れる。そこは、ベースキャンプから半日もあれば往復できる場所だった。残りの人生をバラ色に変えてくれる金塊を手に入れるべく、三人は金塊目指してキャンプを後にする。どこまでも続く砂漠を越え、地図に示された場所に着くと、そこは、西側の援助を受け、フセイン打倒を目指して立ち上がった反体制派のイラク人たちの村だった。彼らの多くはフセインの国民軍に捕えられ、拷問されたり殺されたりしていた。
三人は、目的の金塊は手に入れたものの、反体制派のリーダーの妻が、幼い子供の目の前でフセインの国民軍に殺されるのを見てしまう。彼らを見殺しにして金塊を手にキャンプに戻るか、それとも国外脱出に手を貸すか。選択を迫られた彼らが取った行動とは…?


【レビュー】

何気にシリアスな戦争映画です。

この映画、変わった映像効果を使っています。かなりザラついた、まるでコントラストを強くしたような感じの映像で仕上げられています。この映像効果が砂漠の乾いたイメージを表現するのにピッタリなのです。そしてストーリーですが・・・この作品、ただの戦地での金塊発掘物語と思い軽い乗りで見始めましたが(ストーリーも最初は軽かった・・)、途中から湾岸戦争が残した傷跡を皮肉る内容に・・・。

アメリカが湾岸戦争後、イラクの反フセイン勢力に武器を与え内紛を起こさせたのは誤魔化し様の無い事実であり、彼らが武力蜂起してフセイン政権と戦い、逆に追い詰められて助けを求めた時に、アメリカは手を差し伸べず見捨てたのもまた事実ですが、それをこの映画の中でかなり露骨に批判しているような感じです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.