TOPページ>CINEMA ROOM>ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR

評価 ★★★★
種別 アクション/アドベンチャー
製作年 2008
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
監督 ロブ・コーエン
出演 ブレンダン・フレイザー、ジェット・リー、マリア・ベロ、ジョン・ハナー、ルーク・フォード、ラッセル・ウォン、イザベラ・リョン、ミシェル・ヨー、アンソニー・ウォン
【ストーリー】

1946年のロンドンで、幸せだがちょっぴり退屈な毎日を送っていたリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、外務省に頼まれ、<シャングリラの眼>と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するために上海へやって来る。そこで彼らを待ち受けていたのは、両親に内緒で大学を辞め、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックスとの思いがけない再会だった。その驚きに追い打ちをかけるように、アレックスの発掘した皇帝のミイラが、2000有余年の時を超えて生き返る事件が勃発!またもやスーパー・パワーを持つミイラと戦うハメに陥ったオコーネル・ファミリーは、皇帝の世界征服の野望を阻止するべく、ヒマラヤから万里の長城へと冒険を重ねて行くのだった。


【レビュー】

続編とは思えないほど登場人物の魅力に欠けた映画です。

前作、前々作はスティーヴン・ソマーズ監督のもと、アクション・コメディーにちょっとホラーのスパイスを効かせ、登場人物にも深みを持たせた丁寧な作りで、観客を魅了して大ヒットとなりました。

今回、監督が「トリプルX」や「ステルス」のロブ・コーエンへと変更。スピードアクションの定評は有りますが、既に「ドラゴンハート」を監督した頃のような輝きは失われたようで、正直今回の「ハムナプトラ3」は薄っぺらい出来でした。

まあ、今回映画を製作するにあたって、中国側からの要求がかなりあり、相当な部分まで作り直したらしいので、元はもっと楽しかったのかも知れませんが。

ただ、このシリーズはエヴリン役がレイチェル・ワイズと言うのが一つの売りだった事もあり、スケジュールの都合が付かなかったとはいえ、配役がマリア・ベロへ変更になったことで相当大きなハンデを背負ったことは間違いないでしょう。

何故ならシリーズものは、前作から見るのが普通なわけで、だからこそ過去の説明が不要になるし、回を重ねるごとに俳優たちの息が合ってくるのを一緒に体感できるわけですからね。それが崩れたのは相当痛かったと思います。

その為か、リックとエヴリンがイムホテップ(旧2作の敵)を相手に困難を乗り切って来た夫婦に見えないのです。よそよそしくて形式上の夫婦みたいでした。

また悪役として登場するジェット・リーに、悪役のオーラが全然無いのも問題です。元々悪役面ではないのも影響しているかも知れませんが、そもそもジェット・リーって表情豊かとは言えない俳優なので、笑いを含めた勢いとノリが重要なこのシリーズには向いていないと私は思っています。

もはやここまで来ると、舞台がすでにエジプトから離れてしまったので、邦題に「ハムナプトラ(エジプト王家が眠る死者の都)」を付ける意味は全くないし、もう別名で別の映画のように扱えば良いのではないでしょうか?

ちょっと言いすぎ?


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.