TOPページ>CINEMA ROOM>容疑者Xの献身
佐助の部屋_映画レビューRSS

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身_ポスター
≫≫Amazonで調べる

容疑者Xの献身

評価 ★★★★★|★★
種別 ドラマ/ミステリー
製作年 2008
製作国 日本
配給 東宝
監督 西谷弘
出演 福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、北村一輝、金澤美穂、ダンカン、長塚圭史、真矢みき
【ストーリー】

発見された男性の遺体は顔がつぶされ、指を焼かれていた。死因は絞殺。身元は富樫慎二(無職)であることが判明。貝塚北警察署の刑事・内海 薫(柴咲コウ)は捜査に乗り出す。富樫の別れた妻、花岡靖子(松雪泰子)のアリバイを確認していたある日、その隣人が湯川と同じ帝都大出身者であることを、内海は知る。隣人の名は石神哲哉(堤真一)。高校で数学教師をしている。物理学者・湯川学(福山雅治)にとって「僕の知る限り、本物の天才」と評する男だ。
内海から事件の相談を受けた湯川は、天才的頭脳の持ち主故に、かつて唯一理解し合うことが出来た“親友”が事件のウラにいるのではないかと推理する・・・。
虚言、盲点、心理戦、ブラフ、様々なトリックが複雑に絡まった天才数学者が仕掛けた難問に「探偵ガリレオ」が挑む!!


【レビュー】

日本の作品にしては良く出来た映画です。

この映画は、東野圭吾が原作の直木賞受賞小説「容疑者Xの献身」をTVドラマシリーズと同じキャストで映画化したものです。監督の西谷弘も「県庁の星」で一度映画監督を務めた以外、全てTVドラマでの監督しか経験がありません。

TVドラマとは違い、2時間前後という限られた時間の中で、原作の味を損なわずに映画としてまとめる事は、映画監督としての手腕を問われる最も重要な能力ですが、そのような不安を見事に吹き飛ばしてくれたのがこの作品でした。

私は原作は未読なので、どこまで忠実でどの当りを端折ったのかは全く分かりませんが、TVシリーズを見ていた事もあり登場人物にも特に違和感はなく、作品全体を通して見ればコンパクトにまとまった、良質のドラマだと思いました。

TVシリーズを見ていない人にとっても、登場人物の背景や立ち位置が自然に頭に入ってくるように工夫されていて、分かり易い作りになっていたと思います。

特に面白いのは、捜査員の心理を読みきる日陰の天才数学者・石神(堤真一)と、そのトリックに翻弄されつつ正攻法で詰めていく、日向の天才物理学者・湯川(福山雅治)との構図です。

彼らは競合しない分野を持ち、共に理解しあえる旧知の同窓生でありながら、事件においては強敵同士なのです。石神の発する言葉の一つ一つに“鍵”でありながら“罠”が仕掛けてあり、その真意をはかりながら着実に歩を進める湯川。

これは中々に見ものでした。

さらに良い味を出していたのが、薄幸の美人母・花岡を演じる松雪泰子です。彼女の存在がこの映画の完成度を高めていたと思います。それに対して柴咲コウは、存在感の薄さだけが目立った感じがしました。

それとチョット気になったのは、湯川が「ガリレオ」の真髄である物理学を使って、トリックを全く解いていないことですかね。確かに物理学を必要とするようなトリックではなく、もっと奥の深い“献身”がキーだったのですが・・・。

やはりドラマ物は凝ったCGなど使わずに、役者の演技力とストーリー、そして脚本の出来で殆どが決まってしまう事を改めて認識しました。

皆さんもラストの真相に驚愕させられましょう。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.