TOPページ>CINEMA ROOM>猫の恩返し
佐助の部屋_映画レビューRSS

猫の恩返し

猫の恩返し_ポスター
≫≫Amazonで調べる

猫の恩返し

評価 ★★★★★
種別 ファミリー/ファンタジー/アニメ
製作年 2002
製作国 日本
配給 東宝
監督 森田宏幸
出演 池脇千鶴、袴田吉彦、前田亜季、山田孝之、佐藤仁美、渡辺哲、丹波哲郎
【ストーリー】

高校生のハル(声・池脇千鶴)は、好きな人への思いも叶わずツキのない毎日。ちょっぴりクサっていた帰り道、車に轢かれそうになった一匹の猫を助ける。その猫は立ち上がり、なんと「このお礼は後ほど」と、口をきいた!朦朧とした頭で帰宅したハルだが、その夜遅く家の前に現れたのは、猫の国の王。昼間の猫は、猫の国の王子だったのだ。お礼にハルを猫の国へ連れて行き、王子の妃に迎えたいという猫王から逃れるため、ハルは「猫の事務所」を探し始める…。


【レビュー】

良くも悪くも素直な映画です。

宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫トリオが支えるスタジオジブリが、若手育成のために世に送り出した作品と言えば近藤喜文監督の「耳をすませば」があるが、彼はもうこの世には居ません。その後を継ぐため抜擢されたのがこの作品の監督「森田宏幸」。宮崎駿を企画に置き、柊あおいの原作「バロン-猫の男爵」を映画化したものですが、明らかに宮崎アニメとは一線を隔す作品です。宮崎アニメと言えば環境破壊などへの警鐘色が非常に強いのが特徴ですが、この作品は特にそう言った臭いはしません。むしろ普通の現代ファンタジーの色が濃く、何となく「ポワン」とした感じ(巧く表現できない)の映画です。

スタジオジブリ作品なのでディテールはしっかり描き込まれており絵も結構綺麗に仕上がっていますが、ストーリー的に強く惹かれるような要素が特に無いため、インパクトが弱いのが惜しいところではないでしょうか。恐らく万人から「可もなく不可もなく」と採点されそうな映画だと思います。

でも、うちの子供は妙に気に入っていたので子供にとっては合格なんだろうなぁ。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.