TOPページ>CINEMA ROOM>PLANET OF THE APES 猿の惑星
佐助の部屋_映画レビューRSS

PLANET OF THE APES 猿の惑星

PLANET OF THE APES 猿の惑星_ポスター
≫≫Amazonで調べる

PLANET OF THE APES

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/アドベンチャー/サスペンス
製作年 2001
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ティム・バートン
出演 マーク・ウォルバーグ、ティム・ロス、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・クラーク・ダンカン、エステラ・ウォーレン
【ストーリー】

ときは2029年。宇宙へと開発の手を伸ばす人類は、その相棒としてチンパンジーを選んだ。ここ、深宇宙スペース・ステーション、オベロン号にも訓練されたチンパンジーのパイロット、ペリクリーズが乗り込み、惑星間の偵察に 目を光らせていた。
そんなとき、宇宙空間に異常が認められた。ペリクリーズは偵察ポッドに乗り込み調査へと向かうが、姿を消すと同時に交信不通となってしまう。一体、彼に何が起きたのか。宇宙飛行士レオ・デイビッドソン(マーク・ウォルバーグ)は上官が止めるのも聞かず、宇宙へと飛び出して行く。そして、彼もまた消息を絶つことになる。
そのレオが気づいたのは、落下するポッドのなかだった。熱く燃え上がったポッドからどうにか脱出した彼を待っていたのは、逃げまどう原始的な人間たちと、彼らを狩って楽しむ、話す猿たち。このなぞの惑星は知性を持った猿に支配され、人間はその奴隷として扱われていたのだ。
だが、レオには希望があった。オベロン号を捜し、どうにか故郷・地球へと戻る諦めきれない想いがあった。そしてまた、彼はこの星の人間にはない知性、軍人としての統率力も兼ね備えていた。かくて彼は立ち上がることになる。自由を求める人間たちのため、平等を理想とする一部の猿たちのため、そして何より美しい故郷へと帰るために。
しかし、そんなレオを待っていたのは、信じられない、この世界の変貌だったのだ!


【レビュー】

SF小説「猿の惑星」:ピエール・ブール(フランス)の映画化。既に1968年に一度映画化されており今回が2度目。この「猿の惑星」は続編がいくつも作られるほどのヒット作で今回はティム・バートンによるリ・イマジネーション(再創造:映画会社談)となっている。前作のラストが余りにも衝撃的だったので、今回はどんなラストを用意しているかと興味深々・・。

結果「なるほど。そうきたか」って感じです。

前作ほどの衝撃のラストとは言いかねますが、全体的にテンポが良くラストまでお尻が痛くなりませんでした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.