TOPページ>CINEMA ROOM>スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐
佐助の部屋_映画レビューRSS

スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐

スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐_ポスター
≫≫Amazonで調べる

STAR WARS EPISODE 3 Revenge of the Sith

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/アクション/アドベンチャー/ファンタジー
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ジョージ・ルーカス
出演 ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、サムミュエル・L・ジャクソン、フランク・オズ
【ストーリー】

クローン戦争の3年後、ジェダイの騎士団はいまだクローン兵を率いて銀河を奔走していた。分離主義者との戦闘が続いていたのである。そして邪悪なシスが1000年にもわたって企ててきた銀河系征服の陰謀が明らかになった時、共和国軍は崩壊し悪の皇帝が出現してしまう。ジェダイの英雄アナキン・スカイウォーカーはフォースのダーク・サイドに魅了され、皇帝に服従を誓う―ダース・ベイダーとして?。ジェダイは滅ぼされ、オビ=ワン・ケノービとジェダイ・マスターのヨーダは潜伏を余儀なくされる。ここに至り、銀河でたった一つの望みは、アナキンが密かに残した子孫である双子の兄妹のみとなってしまう。この兄妹がルーク・スカイウォーカーとプリンセス・レイア・オーガナとして育っていくこととなるのである。


【レビュー】

普通に面白かったです。オビ=ワン・・実はそんなに強かったのか・・

この作品はスターウォーズファンに取って、何も意外性は有りません。そんなことはジョージ・ルーカスも、またファンも良く判っています。最初から結末がわかっている訳ですから、作る方は大変ですよね。この映画の使命はただ一点。どのようにしてアナキンが暗黒面に落ちダース・ベーダーになったのか?この経緯をファンが納得行くように作りこむ事だけです。

話は普通に面白く、全6部作でも最もレベルの高いライトセーバー戦を演じ、ヨーダも一杯戦っています。見事なCGとSFXで見ごたえ有る宇宙の戦闘シーンも登場します。しかしながら私には、アナキンが苦悩の末に暗黒面へと落ちていく様に感情移入が出来無かったのです。理由はただ一つ、「ありふれた」自己中心的な行動だったからです。アナキンの事情はわかりますが、仮にも己を鍛え上げフォースを身に付けたジェダイが取る行動とは思えません。ゆえにこの映画のメインである、暗黒面に落ちていくアナキンと共鳴が出来ず、むしろオビ=ワンと共鳴してしまいました。アナキンと一緒に苦しめたら・・・もっと高い評価を付けても良いくらいの映画です。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.