TOPページ>CINEMA ROOM>GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0
佐助の部屋_映画レビューRSS

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0_ポスター
≫≫Amazonで調べる

同上

評価 ★★★★★|★
種別 SF/アクション/サスペンス/アニメ
製作年 2008
製作国 日本
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 押井守
出演 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一、大木民夫、榊原良子、玄田哲章、仲野裕、松山鷹志
【ストーリー】

超高度ネットワーク社会の中で、より複雑・凶悪化していく犯罪に対抗するために政府は、隊長・草薙素子少佐を始めとする精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊を結成。公安9課・通称「攻殻機動隊」の誕生である。
 ある日某国情報筋から攻殻機動隊に警告が発せられる。EU圏を中心に出没し、株価操作・情報操作・政治工作・テロなどで国際手配中の通称“人形使い”が日本に現れるという。素子は犯罪の中に見え隠れする“人形使い”の影を追う。


【レビュー】

画質の向上よりも色彩豊かになった印象が強い映画です。

オリジナル版が世に出たのが1995年。斬新なプロットは世界中で受け入れられ、多くの映画監督がこの作品に影響を受けました。マトリックスがこの作品をベースにしている事は余りにも有名な話です。

それから10年以上が経過し、格段に進歩したデジタル映像技術を駆使して、もう一度この作品を昇華させたいと考えた押井守監督が手をつけたのが、今回の「2.0」です。

もともと士郎正宗原作のプロットが物凄く綿密に作られており、それをベースに映画化したので、ストーリー的にも良く出来ていた前作ですから、今回のリニューアルにあたって手を入れるところは映像と音響以外に無いのですよね。

ただ、前作を何度も見てその画質に慣れてしまっている私には、今回のリニューアル版は違和感を感じてしまったのも事実です。なんと言うか、前作のほうが絵に味があるといえばいいのでしょうか、セルアニメを極めた感じの良さがあったと思います。

確かに今回のリニューアル版は、今持てるCG技術の限界に挑んだと豪語するだけあって、映像と音響は高いクオリティでしたが、その分何となく無機質な感じがします。

特に3DCGで作られたオープニングはやり過ぎな感じで、私は好きになれません。あのカットだけが妙に浮いていて、映画と言うよりは3Dゲームのオープニングを見ているのような印象を受けました。

逆に良かったのは透明感のある映像が増えたことでしょうか。電脳内を表現するのにセルアニメではかなり厳しかったところを、CGを駆使したおかげて雰囲気が出た感じです。特にインターフェースの関係は良かった。

ただちょっと気になったのは“犬”が増えたこと。押井監督が犬好きでバセット・ハウンドを飼っているのは知っていますが、その犬も含めていろんな所に犬が出てきて、こっちを見るんですよ・・・。

一度気になり始めると犬が目についてしまって・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.