TOPページ>CINEMA ROOM>ライラの冒険 黄金の羅針盤
佐助の部屋_映画レビューRSS

ライラの冒険 黄金の羅針盤

ライラの冒険 黄金の羅針盤_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE GOLDEN COMPASS

評価 ★★★★★
種別 アドベンチャー/ドラマ/ファンタジー
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 GAGA Communications Inc. = 松竹
監督 クリス・ワイツ
出演 ニコール・キッドマン、ダコタ・ブルー・リチャーズ、ダニエル・クレイグ、サム・エリオット、ベン・ウォーカー、イアン・マッケラン、エヴァ・グリーン
【ストーリー】

この物語の舞台はイギリス、オックスフォード。
でもそこは、私たちの住む世界と“とてもよく似ているが、どこか異なる”パラレルワールド。ここでは誰もが動物の形をした自分の分身と共に生きていて、それをダイモンと呼ぶ。

幼いころに両親を亡くし、オックスフォード大学のジョーダン学寮で育てられた12歳の少女ライラ。彼女のダイモンであるパンタライモンと一緒にお転婆をしては、いつも大人たちを困らせていた。

そんなライラの毎日が一変する事件がおこる。謎の組織によって子供たちが次々と連れ去られ、親友ロジャーまでもが姿を消してしまったのだ。

謎の組織の秘密が、はるか遠い北の地にあることを知るライラ。ロジャーと子供たちを救うため、真実を示す《黄金の羅針盤》を手に北へと旅立つ。

ジプシャン族、魔女、そして鎧グマ・イオレク。

多くの出会いを重ねながら、ライラの冒険は続いていく。
しかし、彼女はまだ知らない。行く先に、世界中を巻き込む戦いが待ち受けていることを。そして、彼女自身に全人類の運命がかかっているという事も。


【レビュー】

とっても駆け足で終わってしまった映画です。

原作はフィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズ三部作。本作品はその第一部にあたる「黄金の羅針盤」の映画化です。このあと原作通りに映画化が進めば「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」と進むはずですが、どうも雲行きが怪しいようです。第二部は製作が中止されたとの噂もチラホラと耳に入ってきています。

私は原作を読んでいませんので、今回の「黄金の羅針盤」がどの程度原作に忠実に作られているのかはわかりませんが、見終わった印象で言えば“駆け足過ぎる”といった感じでしょうか。

確かに見ていてワクワクする要素は十分にあるファンタジーなのですが、監督の腕が悪いのか脚本が飛ばしまくっているのか、主人公ライラの危機もあっという間に通り過ぎてしまい、ハラハラ感が殆ど感じられないままエンドロールになってしまいました。

何しろ登場人物が結構多い上に各キャラクターの背景も殆ど分からないままで第一部は終了してしまったのですから、このまま続編が作られないままですと、かなり尻切れトンボの序章で終了となりかねない勢いです。

キャストは二コール・キッドマンをはじめ、007のダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーンにイアン・マッケラン(イオレク・バーニソンの声)と豪華な面子を揃えているのですから、是非続編を出して欲しいところです。

おそらく原作はかなり内容が濃いのではないかと思いますが、映画化にあたりメイン以外はある程度は切捨てしまった方がエンターテイメントとしては成功しやすいので、次回作があるならその辺りを考慮した作りで挑んで欲しいと思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.