TOPページ>CINEMA ROOM>ターミナル
佐助の部屋_映画レビューRSS

ターミナル

ターミナル_ポスター
≫≫Amazonで調べる

The Terminal

評価 ★★★★★|★★
種別 コメディ/ドラマ/ロマンス
製作年 2004
製作国 アメリカ
配給 Asmik Ace Entertainment Inc
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ、チー・マクブライド、バリー・シャバカ・ヘンリー
【ストーリー】

ワタシノナマエハ、ビクター・ナボルスキー。
言葉が少しおかしいのはお許しください??皆さん信じられますか?ワタシの祖国がなくなってしまったのデス!東ヨーロッパにあるクラコウジアという国の小さな村からニューヨークのJFK国際空港に降り立ちました。ところがちょうどその時、祖国でクーデターが起こり、事実上国が消滅。パスポートが無効になってしまったのデス。入国もダメ、帰国もダメ、ターミナルから一歩も外に出られないなんて!書類に「入国許可」のスタンプを押して、一言「ニューヨークへようこそ、滞在をお楽しみください」と言ってもらえれば全てが解決するのに・・・。空港警備局の人からは「ターミナル内で待つように」と言われ、呼び出し用にポケベルを渡されました。ワタシはどうしてもニューヨークに行って、”約束”を果たさなければならないのに、いったいどうすれば・・・。


【レビュー】

ちょっぴり切なく、ちょっぴり可笑しく、ちょっぴり心温まる映画

さほど凝ったストーリーでもなく、大仕掛けのアクションでもなく。人間関係だけで成り立つ映画ですが、スピルバーグとしては巧くまとめたかな?

アメリカ入国法の落とし穴(映画内では「crack:裂け目」と言ってましたが)に落ちた男が、9ヶ月間もの間空港で生活し、様々な経験をしながら無き父との約束を果たすストーリーなのですが、ビクター(トム・ハンクス)が空港での小金稼ぎのシーンなど巧く演技していて相変わらず巧いなと思います。しかしこの映画の中で最も光っていたのは、警備局長役のスタンリー・トゥッチです。あの手この手でビクターを空港から追い出そうとする嫌な奴かと思えば、最期まで追い詰めるような事はせず、かなりの切れ者でその敏腕ぶりも発揮し、最期は何事も無かったかのようにもとの生活に舞い戻る。意外に憎めない奴を巧く演じきってました。

しかし、序盤のビクターが知的障害に見えてしまったのは私だけでしょうか?

あと空港で働く人たち全員がビクターを見直したり、一斉に追いかけるシーンは、チョットやり過ぎだと思いました。これが無ければ私的にはもう少し点数が高くなったと思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.