TOPページ>CINEMA ROOM>バベル
佐助の部屋_映画レビューRSS

バベル

バベル_ポスター
≫≫Amazonで調べる

BABEL

評価 ★★★★★
種別 ドラマ
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 GAGA Communications Inc.
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラーザ、サイード・タルカーニ、ガエル・ガルシア・ベルナル、二階堂智
【ストーリー】

バラバラにされた私達が、再びひとつにつながるには、どうすればいいのか?その答えを秘めた銃弾が今、放たれた。

 リチャードは、妻のスーザンとモロッコを旅していた。ある哀しい出来事が原因で壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、アメリカからやって来たのだ。まだ幼い息子と娘はメキシコ人の子守に託していた。山道を行く観光バスの中で、事件は起こった。どこからか放たれた一発の銃弾が窓ガラスを突き抜け、スーザンの肩を撃ち抜いたのだ。
あたりに病院はない。リチャードはバスを移動させ、スーザンを医者がいる村へと運ぶが、溢れ出る血を止める応急処置がやっとだった。リチャードが救助に来ないアメリカ政府に苛立つ間、徐々に事件は解明され、やがて一人の日本人男性に辿りつく。
一発の銃弾は国境を越えて、孤独な魂を抱える人々をつなぎあわせていった??。
銃を手に入れたモロッコの山羊飼いの少年、銃の所有者である日本人男性、彼の聾唖(ろうあ)の娘、そして子守の女がメキシコへと連れて行った子供たち。
果たして、生命と魂の危険にさらされた彼らの運命は???


【レビュー】

あまりまとまりの無い映画です。

そもそも私の中では「映画にする」ための条件として「劇場に行くだけの意味がある」というのが有ります。たとえ平凡な日常生活を描いても、映画館に行くだけの何らかの要素、たとえば意外性や非日常的な要素などが無いと、映画としては評価出来ないと思っています。そしてこの映画を観終えた時の感想は「事件に繋がりがあった」だけなのです。これだけでは劇場映画として1800円払う価値があるとは私には思えません。

確かにそれぞれがドラマとして成り立っていて完成度は高いと思いますし、別々の3箇所で起きる事件に関連性を持たせて交互に進展させる群像劇としても成り立っています。しかし”一発の銃弾”は3箇所を結ぶだけでしかなく、再びまとまるための答えを秘めているようには描ききれていませんし、少なくとも日本におけるチエコ(菊池凛子)のドラマはこのストーリー上”蛇足”でしか有りません。

或いはテーマが題名の通り、言葉をバラバラにされて意思疎通が出来なくなった旧約聖書のバベルの塔なので、むしろ聾唖(ろうあ)のチエコをメインにした方が映画としてまとまった気もします。なにしろこの”蛇足”を演じる菊池凛子が、この映画の中では圧倒的な存在感を放つのですから。

この存在感ゆえにバランスが悪くまとまりが無いのかもしれませんが、とにかく私としては劇場に行くほどの事は無いと思いました。逆に日本のストーリーだけを切り出して映画化するならば、劇場に行くだけの価値が生まれると思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.