TOPページ>CINEMA ROOM>パイレーツ・オブ・カリビアン: ワールド・エンド
佐助の部屋_映画レビューRSS

パイレーツ・オブ・カリビアン: ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン: ワールド・エンド_ポスター
≫≫Amazonで調べる

PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD’S END

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/アドベンチャー/コメディ
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Buena Vista International
監督 ゴア・ヴァービンスキー
出演 ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ
【ストーリー】

七つの海を駆けめぐった海賊の時代が終ろうとしていた。世界制覇をもくろむ東インド会社のベケット卿は、"深海の悪霊"デイヴィ・ジョーンズを操り、海賊達を次々と葬っていく。彼らが生き残る道はただ一つ、9人の"伝説の海賊"を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ決戦を挑むのみ。だが、鍵を握る9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む"デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー"に囚われのキャプテン・ジャック・スパロウ、その人だった・・・。
ジャック、エリザベス、ウィルの運命が再び交差する時、前人未到の"世界の果て"で、海賊史上最初にして最後の決戦の火蓋が切られる---。


【レビュー】

第1部が間違い無く最高の出来です。

第1部、2部と大ヒットを飛ばし、満を持して登場したこの第3部。元々第2部と3部は同時進行で撮影されていた事もあり、話の内容が密接にリンクしています。なので記憶が確かでは無い方は第2部を見直してから鑑賞した方が、より深く映画の世界に入っていける構成になっています。

なお今回の主人公は、何処からどう見てもエリザベス(キーラ・ナイトレイ)ですね。第2部の頃から薄っすらとその雰囲気は有りましたが、今回そのオーラが全身から噴出していました。そのオーラに霞んだのか、或いはそう言う設定なのか分かりませんが、ジャック(ジョニー・デップ)の雰囲気が変わってしまっていたのは残念。彼の持ち味は間違い無く人を食ったような意外性のある言動です。恐らくかなりの人が、味のある彼の演技を楽しみにして来ていたはずです。しかし登場人物が多くなった事と、今回の主役交代(と勝手に思ってる)のためか、ジャックの露出度自体がかなり減っており、クスリと笑いを誘う回数もダウン。さらに今回バルボッサがジャックのお株を奪うほど非常に良い味を出していたので、あの憎めない男=ジャック・スパロウを見ることを楽しみにしていた私も、少し複雑な心境になりました。しかしクライマックスは圧巻もの。中々良いアイディアだと思うし、スピード感も迫力も間の取り方も申し分なし。あれは金かかってますね。そして意外な結末にチョットびっくり。あれは想定外でしたので不意打ち喰らった感じでした。ただ、エンドロール後のワンカットはあの結末から想像が付いていましたし、あれが無いとパイレーツシリーズとしては、シリアスになり過ぎてしまうので良かったかなと思います。

しかし。。。約半数の人がエンドロールが始まった途端に席を立ったのには驚きましたね。パイレーツは1部、2部ともエンドロール後にワンカットを用意していたので今回も有って当然ですし、今までもあのカットを見ておかないと次の話で意味が判らない仕掛けになっていたのに。彼らはいきなり今回の作品を見たのだろうか・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.