TOPページ>CINEMA ROOM>容疑者 室井慎次
佐助の部屋_映画レビューRSS

容疑者 室井慎次

容疑者 室井慎次_ポスター
≫≫Amazonで調べる

容疑者 室井慎次

評価 ★★★★★
種別 サスペンス
製作年 2005
製作国 日本
配給 東宝
監督 君塚良一
出演 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、筧利夫、真矢みき、佐野史郎
【ストーリー】

2005年2月某日?警視庁・室井管理官が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう!

室井を救おうとする若き女弁護士。
そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして徹底的に室井を追い詰める弁護士。

そこに、警察庁と警視庁の確執が絡み、新城や沖田の尽力も虚しく、事態は最悪の状況に。
室井の捜査への姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事たちは、さらに殺人事件の真相を追う・・・。
さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井はさらなる窮地に追い込まれる。

果たして、室井はシロか、クロか!?


【レビュー】

なっちゃん(田中麗奈)が可愛い映画。

ストーリー的には可も無く不可も無く。警視庁vs警察庁と言う権力抗争を背景に敏腕弁護士vs新米弁護士を絡めて、室井をいじめまくる映画と言ったところでしょうか。

今までの「踊る?」シリーズのようにどこか陽気な雰囲気は無く、終始重苦しい雰囲気で話は進みます。散りばめた笑い要素で苦笑できたのは、湾岸署スリーアミーゴスのシーンくらいでした。(さすがに彼らは息が合ってますね)やはり本家「踊る?」シリーズの監督:本広克行には及ばないのか、どうにもテンポが悪い気がします。キャストは結構豪華なんですけど・・。

前半部分で徹底的に室井(観客)を追い込み痛みつけるまでの手法は常套手段なので良いでしょう。しかしならがラストで起死回生の一発を叩き出さないのは、前半を王道で攻めてきた割には「?」です。

我々観客はストレスを抱えたまま帰宅の途に付くわけですから、ちょっと及第点を付けるわけにはいきませんでした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.