TOPページ>CINEMA ROOM>クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち
佐助の部屋_映画レビューRSS

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち_ポスター
≫≫Amazonで調べる

CRIMSON RIVERS 2: ANGELS OF THE APOCALYPSE

評価 ★★★★
種別 アクション/サスペンス/ミステリー
製作年 2004
製作国 フランス
配給 Asmik Ace - Gaga Comunications - Humax Cinema
監督 オリヴィエ・ダアン
出演 ジャン・レノ、ブノワ・マジメル、カミーユ・ナッタ、クリストファー・リー、ジョニー・アリディ、セルジュ・リアブキン
【ストーリー】

フランス・ロレーヌ地方のある古い修道院で、若き修道僧が壁に掲げたキリスト像から血が流れ出す怪奇現象が起こり、事件捜査のためにパリからニーマンス警視(ジャン・レノ)が派遣されてくる。彼の手で流れ出した血の原因はキリストと同じように十字架に貼り付けられた体勢で、壁の中に生きたまま埋め込まれた死体であることが判明。その死体の近くには何かの紋章のような記号が記されていた。同じ頃、刑事レダ(ブノワ・マジメル)は麻薬捜査の最中に突然道に飛び出してきたイエス・キリストに似た男を跳ねてしまう。その男は事故とは無関係の傷を体中に負っておいた。やがて、その男は修道院での事件を捜査中のニーマンス警視の捜査線上にも浮かび上がり、二つの事件はついに一つにつながった??。


【レビュー】

今一盛り上がらない映画です。

クリムゾン・リバーの続編に当る今作はベースとなる原作は無く、リュック・ベッソンが脚本したオリジナル作品です。前作同様ジャン・レノ扮するニーマンス警視が今回は中心となり物語は進行します。

最近はどうもリュック・ベッソンが絡むと薄い内容の映画になる傾向が強いと思うのは私だけでないと思いますが、今回も当てはまっていると思います。激しい銃撃戦や爆発、その他のアクションシーンはベッソンの脚本だけあって、ハリウッド級の迫力があり前作以上の出来となってますが、肝心のストーリーとなると話は別です。

そもそも日本人にはなじみの薄いキリスト教の十二使途が題材の上に、ヨハネの黙示録や黙示録の騎士たち、7つの封印と来ると相当その道に精通していないと話はサッパリです。その上にバチカンの秘宝や怪しげな地下施設に大掛かりな仕掛けなど出てきた日には、オカルト映画に冒険活劇をミックスし、ありがちな要素をたくさん散りばめたB旧映画のようです。もう最後には「これはインディー・ジョーンズの続編のつもりなのか?」と思ってしまいました。

この映画はジャン・レノの渋さとブノワ・マジメルのアクション、カミーユ・ナッタの美顔を見て楽しんだほうが幸せです。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.