TOPページ>CINEMA ROOM>運命の女
佐助の部屋_映画レビューRSS

運命の女

運命の女_ポスター
≫≫Amazonで調べる

UNFAITHFUL

評価 ★★★★★|★
種別 エロティック/サスペンス/ドラマ
製作年 2002
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 エイドリアン・ライン
出演 ダイアン・レイン、リチャード・ギア、オリヴィエ・マルティネス、エリック・パー・サリヴァン、
【ストーリー】

コニー・サムナー(ダイアン・レイン)は、N.Y.の郊外で暮らす専業主婦。マンハッタンで会社を経営する夫のエドワード(リチャード・ギア)と、もうすぐ9歳になる息子のチャーリー(エリック・ペア・サリヴァン)に囲まれ、幸せな生活を送っていた。
そんな彼女の日常に劇的な変化が起こったのは、息子の誕生日プレゼントを買いに出かけた日のことだった。強風にあおられたコニーは、大量の本を抱えた青年と衝突し怪我をする。「うちに来て手当したら?」という青年の申し出を素直に受けることにした。
ポール・マーテル(オリヴィエ・マルティネス)と名乗る青年は、フランス人のブック・ディーラーだった。彼のアパートに案内されたコニーは、本で埋め尽くされた部屋の情景に新鮮な驚きを感じる。そんな彼女を、甘い誘惑のゲームに誘いこもうとするポール……。プレゼントされた本を手に、あわててその場を去った。
エドワードに「お礼でも送ったら?」とアドバイスを受け、再びポールのアパートを訪ねた彼女は、首筋に注がれるからみつくような視線に身体が熱くなるのを感じる。これ以上深入りしてはいけない。しかし、心の中に芽生えたうずきはいっこうに静まらない。3度目にポールのアパートを訪れた日、ついに彼女は一線を越えてしまう。
それ以来、口実を作り出してはポールのアパートへ足繁く通うようになるコニー。そんな彼女の変化にエドワードが気づいてしまう。コニーの友人から「彼女とはしばらく会っていない」と聞かされたのだ。次第に膨れ上がっていく疑惑と不安……。
ついにコニーの素行調査を探偵のウィルソン(ドミニク・チアニーズ)に依頼。すべてが邪推であることを祈るエドワードを待ち受けていたのは、彼の留守中、デートを楽しむコニーとポールを捉えた写真だった。初めて知った妻の浮気相手の正体。エドワードの足は、無意識のうちに報告書に書かれたポールのアパートへ向っていた。 ためらいながら部屋のドアをノックしたエドワードが足を踏み入れたのは、情事の余韻が冷めやらぬ部屋。エドワード、コニー、ポール。3人の運命を狂わせる事件は、その場所で起こった――。


【レビュー】

見終わると胃が重くなる映画です。

監督のエイドリアン・ラインは以前も不倫ものを手がけています。題名は「危険な情事」ですが、グレン・クローズの鬼気迫る独占欲が非常に恐ろしいスリラーでした。今回は「危険な情事」のような鬼気迫るものではなく、最後は別として実際に世の中で普通に起こっていそうな火遊びからサスペンスに、そしてドラマに移り変わって行きます。それを全身で演じきったダイアン・レインは素晴らしいと思います。特に顔の表情が素晴らしかったですね。

ただ、二人の出会いがとにかくベタ過ぎます。あれくらいベタじゃないと話が発展させにくかったのかもしれませんが、それこそ脚本の見せ所ではないでしょうか。その後はエロティックな前半の雰囲気(美しいんですけどね)から急転直下、後半ではサスペンスに向かう下りは劇的で好印象でした。

しかしこの映画を見ていると、やはり人間は本能の動物なのかと思ってしまいます。友人の「最後は必ず悲劇になる」という言葉に大きく打ちのめされても、理性では判っていても抜け出すことが出来ない弱さ。家庭は大事だけれども一生このままの専業主婦でいいのか。もう年齢的に最後かも知れないチャンスめぐり合えた時に、これほどまでに家庭を投げ打ってしまえる衝動ってどれ程のものなのでしょう。家庭や特に子供を第一に考えてしまう私などには到底及びも付きません。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.