TOPページ>CINEMA ROOM>Mr.&Mrs. スミス
佐助の部屋_映画レビューRSS

Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス_ポスター
≫≫Amazonで調べる

Mr.&Mrs. SMITH

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/コメディ/サスペンス/ロマンス
製作年 2005
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
監督 タグ・リーマン
出演 ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン
【ストーリー】

灼熱の国で運命的な出逢いののち、電撃結婚をし"Mr.& Mrs.スミス(スミス夫妻)"となったふたり。しかし、お互いに重大な秘密を明かしていなかった!
実は、ふたりの正体は凄腕の暗殺者。
直感が頼りの殺し屋Mr.スミス(ブラッド・ピット)と綿密に任務を遂行するMrs.スミス(アンジェリーナ・ジョリー)。
しかも、ふたりは対立する組織に属している。
お互い相手に正体を知られないよう、結婚生活を送っていたが・・・。
ある日、それぞれの秘密組織が出した指令により、ミッション先でふたりはバッタリ出くわしてしまう。
正体がバレたら、愛する相手でも48時間以内に始末しなければならないのが、この世界のルール。
ふたりは一瞬にして対戦モードに突入し、そのバトルは巨大秘密組織を巻き込む、想像を絶する"戦闘"へとエスカレートしていくのだった!!


【レビュー】

息がピッタリの二人です。

結婚相手に内緒の仕事が秘密組織の人間ってのは「トゥルー・ライズ」みたいですが、それが夫婦揃っての設定ってのが良いです。実は『女と男の名誉』のリメイクらしいのですが、私はそちらを見た事はありません。

予告で既にお互いが殺し屋だとバレることは周知の事実。そこからの展開をどうもって行くのかがこの映画のポイントだと思いますが、その点はまあ可もなく不可もなく。ラストで思ったのは「その後どうなったの?」なのですが、深く考えない事にしました。

お互いが殺し屋ではなかろうか?と薄々感づき始めた時のディナーの場面は中々良く出来ていて、そのあとから始まるバトル(いや夫婦喧嘩か?)が非常に痛快です。そして至るところに散りばめられた笑いのエッセンスが程よく効いていて、劇場内でもクスクス笑いが漏れていました。

この映画をきっかけに付き合い始めたふたりですが、きっと実生活も息がピッタリでしょう。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.