TOPページ>CINEMA ROOM>ハンティング・パーティ
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハンティング・パーティ

ハンティング・パーティ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE HUNTING PARTY

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/アドベンチャー/サスペンス/戦争
製作年 2007
製作国 アメリカ/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
配給 Avex Entertainment Inc.
監督 リチャード・シェパード
出演 リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー、ジェームズ・ブローリン、ジョイ・ブライアント、マーク・イヴァニール
【ストーリー】

《最上級》の大物戦犯を追跡したジャーナリストたちの実話は、書けないスクープとして、この物語に塗りこまれた!

「恐怖でアドレナリン出まくり、アレがおっ立ったまま?」。激戦の紛争地帯で刺激的なテレビ・ニュース映像をゲットする戦場レポーターたち。命知らずのレポートで栄光の座についたサイモン(リチャード・ギア)は、サラエボの虐殺で恋人を惨殺され、生放送で“ブチ切れた”中継を送り、テレビ局を解雇。しかし、ドン底からの再起を賭けて彼がつかんだのは「民族浄化」という名の大虐殺の罪で500万ドルの賞金が懸かった極悪戦争犯罪人、フォックスの居所だった。今は出世して危険な現場から遠ざかっている昔の相棒カメラマン、ダック(テレンス・ハワード)、副社長の親父のコネで入社した新米プロデューサー、ベン(ジェシー・アイゼンバーグ)を巻き込み、大スクープをものにするための危険な旅が始まった。しかし、イカれたサイモンの本音は、狐(フォックス)を“生け捕る”ことだった。


【レビュー】

超大国の偽善を風刺した感じがなかなか良い社会派サスペンスです。

本作品の主人公であるサイモン役を演じるリチャード・ギアは、北京オリンピックの時にもいち早く中国政府によるチベット弾圧に反対を表明した経歴のある、筋金入りの人権擁護派です。

そんな彼の役は、戦地を駆け抜ける戦場レポーターとして栄光を手にしていたものの、ある出来事をきっかけに失業し、どん底から這い上がるために戦犯を生け捕る作戦に出るというもの。既にこの段階でジャーナリストとしては降りでいるのです。

よって楽しみ方としてはジャーナリズムへの矛盾点は無視し、ジャーナリストのテクニックを如何に使いこなしターゲットへ接敵するのかや、世界の警察を標榜する超大国アメリカを中心としたNATOや国連が如何に有能で、意図的に戦況を長引かせているのか、その手法を垣間見ることです。

ただし、この映画はいろんな所に事実を織り込んでいるとは言っていますが、それが本当に事実なのかどうかを確かめるすべは我々観客には無いことを念頭に置き、話半分で見たほうが良いと思います。

そこまで割り切れば、超大国の偽善を風刺したそれなりに良質の社会派サスペンスとして見られます。まあ、世界は勧善懲悪では動いていないと言う事です。

ちなみに今回フォックスのモデルになった人物は実在します。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の折、民族浄化と称してセルビア人がサラエボでボシュニャク人男性を絶滅させるべく大量虐殺を行いましたが、その虐殺の考案や指揮官であったカラジッチとムラジッチがモデルです。彼らには実際に500万ドルの賞金がかけられています。(カラジッチについては2008年7月に逮捕されました)

また一般的にはセルビア人による大量虐殺が有名ですが、実際にはクロアチア人やボシュニャク人による虐殺や強姦などの事実が、徐々にではありますが明らかになって来ているのも見逃せない現実ですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.