TOPページ>CINEMA ROOM>カンフー・パンダ
佐助の部屋_映画レビューRSS

カンフー・パンダ

カンフー・パンダ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

KUNG FU PANDA

評価 ★★★★★|★
種別 アクション/コメディ/アニメ
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Asmik Ace Entertainment Inc
監督 マーク・オズボーン
出演 ジャック・ブラック、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョリー、イアン・マクシェーン、ジャッキー・チェン、デヴィッド・クロス、セス・ローゲン、ルーシー・リュー
【ストーリー】

信じる心が奇跡を起こす!
最強のカンフー戦士、“龍の戦士”に選ばれたのは、ぐうたらで食いしん坊のパンダだった!?美しい安住の地「平和の谷」には龍の巻物の奥義を得たものが史上最強の“龍の戦士”になるという伝説があった。ある日、極悪カンフー戦士のタイ・ランが刑務所を脱獄、巻物を狙って平和の谷に迫り来る。タイ・ランに立ち向かう“龍の戦士”に選ばれたのは、何と、ぐうたらで食いしん坊のパンダのポーだった!カンフーを愛する心は人一倍、でもカンフー・マスターなんて夢見るだけのポーは、師匠のシーフー老師、憧れのカンフーの達人“マスター・ファイブ”の力を借りながら、厳しい特訓を受け成長していく。果たしてポーは史上最強の戦士となり、平和の谷を守ることができるのか!?そして、龍の巻物に記された、ある真実とは・・・?


【レビュー】

わかりやすいメッセージが万人受けする映画です。

カンフーと言えば香港映画という常識を覆した、ドリームワークスが送るアメリカ産アニメですが、小さな子供からその親、さらにはアニメファンまでターゲットを幅広く設定しています。

個人的には魅力的な声優陣に興味がありましたが、子供と一緒に見たこともあり、今回は日本語版で鑑賞しました。

しかしこの吹き替え版の声優陣は、どうにかならないのでしょうか・・・。最近の劇場版アニメに共通する問題と思っていますが、人気取りのためなのか、やたらとアイドルが多い理由は何なのでしょう。

お世辞にも上手いと言えない彼らの吹き替えを聞いていると、どんなに出来が良いアニメも魅力が半減すると思うのですが・・。

最強の敵タイ・ラン役の中尾彬は違和感なかったので良いのですが、主人公ポー役の山口達也が、あまりにもイメージが合わなかったのは私だけですかね。やっぱり感情表現が豊かな本職を起用したほうが良いと思うのは間違いなのでしょうか。

アニメの出来としては上々だと思います。特にタイ・ランが脱獄するシーンや、吊り橋での対決シーンの作り込みは必見。躍動感が溢れまくっていました。こういう作り込みは本当にドリームワークスは上手いですね。

また「信じる力」というメッセージは非常にわかりやすく、こと不況真っ直中の現在においてピッタリのメッセージから、何となく希望をもらった人も居るのではないでしょうか。

次回は是非、字幕版で観たいと思います。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.