TOPページ>CINEMA ROOM>マイケル・ジャクソン THIS IS IT
佐助の部屋_映画レビューRSS

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

マイケル・ジャクソン THIS IS IT_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THIS IS IT

評価 ★★★★★|★★★
種別 ドキュメンタリー/音楽
製作年 2009
製作国 アメリカ
配給 Sony Pictures Entertainment Inc.
監督 ケニー・オルテガ
出演 マイケル・ジャクソン
【ストーリー】

2009年6月に急逝した世界的スーパースター、マイケル・ジャクソン。彼は同年夏に、ロンドンのO2アリーナでのコンサートを計画していた。その名も”This is it”。本作では、09年4月から6月までの時間の流れに沿って、100時間以上にも及ぶこのコンサートのリハーサルと舞台裏の貴重な映像を選りすぐって編集。多数の楽曲と圧倒的なダンス、パワーに溢れたパフォーマンスを次々と披露するリハーサルから、最高傑作になるはずだったコンサートを体感する。またその合間には、天才と呼ばれた舞台裏の素顔や、完璧を追い求めたシンガー、ダンサー、クリエーターとしての彼の姿も挿入。長年に及ぶスタッフたちとの深い絆と友情までも描き出す。


【レビュー】

マイケルの本当の人柄がわかるドキュメンタリーです。

2009年6月25日に突如としてこの世を去ったマイケル・ジャクソン。少年の頃からジャクソン・ファミリーのボーカルとしてスポットを浴び、ソロとなってからも数多くのモンスターヒットを飛ばし続け“KING OF POPS”となったマイケル。

生前何かと話題になった彼ですが、ある程度編集が入っているとは言っても、この作品を観れば、ニュースやワイドショーで放送されるような姿はなく、決しておごり高ぶるような人柄では無かった事がわかります。

そんな彼の元には、一緒に仕事をしたくて世界中から最高のスタッフやトップダンサー達が集まり、そして厳しいオーディションを勝ち抜いた世界最高のメンバーがマイケルとリハーサルを行っていました。

まさに阿吽の呼吸の繰り返しで本番に向けて徐々に昇華していくパフォーマンスの数々。張り詰めるような緊張感があるかと思っていた裏側には、思いのほか彼を中心としたファミリーのような雰囲気があったことへの驚き。

そんな中でも甘える事無く的確に彼の意思を汲み取り実行していく、プロ中のプロ達の仕事ぶりに感動を覚えます。

確かにこのドキュメンタリー映画はマイケルを主役としていますが、私には“自らを甘やかさない”プロ達の真剣勝負が印象的でした。

ただ映画とは言うももの、本番が欠けているために永遠の未完成作品である事には変わりなく、見方を変えれば“メイキング”とも言えます。本番映像が無いためにマイケルの本気のパフォーマンスが欠けており、常に8割の力の彼しか見られません。

だからこそ本気の彼のパフォーマンスに渇望してしまうのですが、それは最早適わぬ事となってしましました。

“THIS IS IT (いよいよだ!)”

...永遠に実現しないのが心残りで仕方がありません。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.