TOPページ>CINEMA ROOM>ダヴィンチ・コード
佐助の部屋_映画レビューRSS

ダヴィンチ・コード

ダヴィンチ・コード_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE DA VINCI CODE

評価 ★★★★★|★
種別 サスペンス/ミステリー
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 Sony Pictures Entertainment Inc.
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー
【ストーリー】

閉館後のルーブル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描<ウィトルウィウス的人体図>を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会うと約束していたハーヴァート大学教授ラングトンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングトンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。彼女は祖父が残した暗号から、彼が犯人ではないことを確信していたのだ。ベズ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗号の謎を解きはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった。ダ・ヴィンチが自ら絵画に残した、歴史を揺るがす暗号とは?そして、ふたりに託された、時代を超える重大な秘密とは?


【レビュー】

キリスト教徒から文句が出てもおかしくない映画です。

原作が約4000万部も売れたベストセラーの映画化。なんと言ってもストーリーは神と崇められているキリストを「ただの人間」で有った事を証明しようとするのですから、熱心なキリスト教徒にとっては冒涜に他ならないでしょう。実際世界同時公開にも係わらず、日本や中国といったアジア圏意外の国ではノーカット版は放映されていないのですからその内容は想像に難しくありません。

まあ無宗教の私としてはそこそこ楽しめましたが、これは原作を少しでも読んでいるか、聖書や秘密結社、テンプル騎士団などの知識を少なからず持ち合わせていないと、字幕を追うだけで精一杯になる可能性が高いです。目を離したら置いてきぼりを喰らい、もはや話しについて行けない恐れすらあります。

そしてこの映画の最大の欠点は、原作になるべく忠実に作ろうとするあまり、ストーリー展開を急ぎすぎたことです。150分と言う長編に仕上げていますが、原作に沿うならば最低限2部構成にするべきだった思います。特にオドレイ・トトゥ扮するソフィーが暗号解読のエキスパートのはずなのにそのシーンが全く無く、全てラングトン教授が解いてしまうので、何故彼女が暗号解読官である必要があるのか最期まで腑に落ちませんでした。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.