TOPページ>CINEMA ROOM>トゥームレイダー
佐助の部屋_映画レビューRSS

トゥームレイダー

トゥームレイダー_ポスター
≫≫Amazonで調べる

LARA CROFT: TOMB RAIDER

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/アドベンチャー
製作年 2001
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
監督 サイモン・ウェスト
出演 アンジェリーナ・ジョリー、ノア・テイラー、ダニエル・クレイグ、イアン・グレン、ジョン・ボイト
【ストーリー】

美しくてタフな女性=ララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)は、類まれな才能をもつトレジャー・ハンター。今日も相棒の天才プログラマー・ブライス(ノア・テイラー)の作った大型戦闘用ロボット“ドロイド”を相手に、実戦さながらの戦闘訓練に興じている。そんなある日、ララとブライスは20年前に失踪したララの父クロフト卿(ジョン・ボイト)の隠し部屋から,不思議なアンティークの時計を発見する。その内部には、星座表と謎の数列が隠されていた…。
その瞬間、ララの脳裏に一つの情景が浮かび上る。彼女が幼い頃、父は“イルミナーティー=光の人々”と呼ばれる秘密結社について話したことがあった。
「彼らは時空の扉を開ける鍵となる〈Holly Triangle〉を探し続けている。それは隕石の水晶物質によって作られていて、5,000年前に滅んだ古代都市スパイラル・シティの戦いに使われたのち封印された。もし、再びその破片が一つになれば、類の運命は永久に変わるだろう」と。
その時計は、世界に転変地異をもたらすと言われる5,000年に一度の"グランド・クロス=惑星直列"によって、強大な力を発揮する古代の秘宝〈Holly Triangle〉への手がかりだったのだ。ララは、愛する父の遺志を引き継ぐため仲間のブライス、アレックス(ダニエル・クレイグ)、執事のヒラリー(クリス・バリー)と共に謎解きに取りかかり始めた。しかし、彼女の宿敵マンフレッド・パウエル(アイアン・グレン)もまた、この機会を狙っていたのだ…。
完全な日蝕が始まり、〈Holly Triangle〉が最大の能力を発揮する"グランド・クロス"まで、ララに残された時間はあとわずか=48時間。運命は彼女達をロンドン、ベニスからアンコールワットの遺跡、そしてアイスランドへと導いていく。
ララは謎を解き明かし、世界を救うことが出来るのか?
―――ララのスリリングな冒険が今、始まる!


【レビュー】

面白い。何も考えずに楽しめるエンターテインメントです。

アメリカで爆発的ヒットを記録したアクション・アドベンチャーゲームの映画化。日本でもPCゲームやプレステ用に移植されていて、私もプレイした事があますが、中々に難しくて面白いかったと記憶しています。そのゲームの映画化とのこともあり、喜び勇んで映画館へ足を運びました。

秘宝を求めての古代遺跡と冒険劇となれば、なんと言っても「インディー・ジョーンズ」シリーズであり、最近のヒットでは「ハムナプトラ」が有ります。どちらもメガヒット級の面白さを男性の冒険家が引き出していますが、この映画の魅力はなんと言っても「女性」のトレジャーハンター:ララ・クロフトにあります。そのクロフト役に抜擢されたのがアンジェリーナ・ジョリーと言うのも非常にはまり役です。(失礼だが、原作のゲームでのクロフト像は、豊満な胸と太い唇、惜しげも無く見せるスレンダーな足というのがあます・・・正にアンジェリーナ・ジョリーです。)物語はゲームとは関係無く、新しく書き下ろされた内容となってますが、様々な仕掛けや秘密結社等、アドベンチャー要素満点で、テンポも良く全く疲れる事無く最期まで見られるようになっています。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.