TOPページ>CINEMA ROOM>ドラゴン・キングダム
佐助の部屋_映画レビューRSS

ドラゴン・キングダム

ドラゴン・キングダム_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE FORBIDDEN KINGDOM

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/アドベンチャー
製作年 2008
製作国 アメリカ
配給 松竹
監督 ロブ・ミンコフ
出演 ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラノ、コリン・チョウ、リウ・イーフェイ、リー・ビンビン
【ストーリー】

現代のアメリカ、ボストン。カンフーオタクの弱気な青年ジェイソン(マイケル・アンガラーノ)は、いつもの様にチャイナタウンの老主人オールド・ホップが経営する質屋でカンフーDVDを物色していた。その時、ふとジェイソンの目に、店の奥に置いてある古びた金色の棒が目に入る。店の老主人が言うには、これは売り物ではなくある人の持ち物だが、受取人が現れぬまま、ずっと置いてあるのだという。
チャイナタウンからの帰り、ストリートギャングに絡まれたジェイソンはオールド・ホップの店への襲撃を手伝うよう脅される。その夜、襲撃を受け銃弾に倒れた老主人は、ジェイソンに金色の棒を渡し、元の持ち主に返して欲しいと頼む。強盗の目撃者として、自身の身も危うくなったジェイソンは屋上まで逃げるが、ギャングに追い詰められ、棒を持ったまま屋上から転落してしまう・・・・・・。


【レビュー】

2大カンフースターのバトルが熱い映画です。

まず、世界を代表するカンフーのスターである、ジャッキー・チェンとジェット・リーを競演させたのは素直に素晴らしいと思います。これはハリウッドだからこそ出来たことなのかも知れません。

巷では“アメリカ人を主役にしたのは間違いだ”との意見で評価が割れているようですが、私はうまいと思いました。なにしろジャッキーやジェット・リーには固定ファンが多く、どちらが主役を演じても対する側が不満に思うでしょうから、バランスを取る意味で“カンフーの出来ない”主役を置いたのは正解だったと思います。

因みにこの映画はストーリー性においては完全にB級だと思いますので、カンフーに全く興味の無い人には面白くないと思います。むしろこの映画は2人の代表作へのオマージュを見つけてニヤリとすることだったり、優劣の付けられない2人のカンフーバトルを見るために有ります。

例えばジャッキー・チェンの代表作である「酔拳」へのオマージュとして、この映画では酔拳マスターとして登場しますし、リー・リンチェイ(ジェット・リー)の代表作の「少林寺」へのオマージュとしては、彼が得意な少林寺の構えなど多数出てきます。

そして最大の見所は、ある廃墟と化した境内での2人の戦いです。確かに何箇所かワイヤーアクションを組み込んでいるので純粋なカンフーでは有りませんが、それでも大部分は生身の身体を使ったアクションです。

このシーンを見るだけでもカンフーファンには垂涎ものです。流石に歳には勝てず、やや切れが落ちては居ますが、映画のためにカンフーを覚えたアクションスターなんかとは比較にならぬ素晴らしさで、往年の2人を彷彿とさせてくれます。

惜しむらくは、後10年早くこのような競演が見られたら、もっとキレあるカンフーが見られたのではと思ったことでしょうか。

・・・しかしリー・ビンビンが綺麗だった。「女帝(エンペラー)」の時はそれほどでもなかったけど、今回は妖しい美しさだった。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.