TOPページ>CINEMA ROOM>ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女
佐助の部屋_映画レビューRSS

ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女

ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE

評価 ★★★★★|★
種別 アドベンチャー/ファンタジー
製作年 2005
製作国 アメリカ
配給 Buena Vista International
監督 アンドリュー・アダムソン
出演 ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン、ジェームズ・マカヴォイ、リーアム・ニーソン
【ストーリー】

第二次大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹---ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、ロンドンの空襲を逃れて田舎に住むカーク教授に預けられる。古めかしく広大な教授の屋敷は、子供たちにとって最高の探検場所。好奇心旺盛な末っ子のルーシーは、"かくれんぼ"をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装だんすをみつける。見えない力に導かれるかのように衣装だんすに入り、毛皮のコートを押しのけて奥に進むと・・・いつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた。
そこはナルニア---言葉を話す不思議な生き物たちが暮らす魔法の国。かつて、偉大なる王アスランが作ったこの素晴らしい国は。美しく冷酷な"白い魔女"によって、100年もの間、春の訪れない冬の世界に閉ざされていた。逆らう者を石に変える"白い魔女"への恐怖と、心まで凍てつくような寒さの中で、ナルニア国の住人たちは、ひたすらに王アスランの帰還を祈り、語り継がれてきたひとつの《予言》に希望を託していた---
二人の「アダムの息子」と&nbsp&nbsp&nbsp&nbsp二人の「イブの娘」が
「ケア・パラベル城の4つの王座」を満たす時
白い魔女の支配は終わる・・・
ルーシーが衣装だんすを通り抜けた時、ナルニア国の新しい時代は幕を開けた。時に、ナルニア暦1000年---ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシー・・・二人の"アダムの息子"と二人の"イブの娘"の壮大なる旅が、いま始まろうとしている。だが、ナルニア国の運命が自分たちの幼き手にゆだねられていることを、彼らはまだ知らなかった・・・。


【レビュー】

良くも悪くも子供向けファンタジー映画です。

「指輪物語」「ゲド戦記」と共に世界の3大ファンタジーと称される、C・S・ルイス原作の名作ファンタジーを「シュレック」のアンドリュー・アダムソンが監督して映画化。「指輪物語:ロード・オブ・サ・リング」の大成功や、ルイスと「指輪物語」の作者J・R・R・トールキンが友人であったこともあり公開前から色々と比較されてきましたが、「指輪物語」は明らかに大人向けで「ナルニア国物語」は子供向けファンタジーなので、そもそも土台が違うと思います。

実際この「ナルニア国物語」は戦闘シーンにおいても流血や暴力シーンなど殆んどありませんので、私のような年代では主人公たちと一緒になってその世界を体験するような感情移入が出来ません。むしろおとぎ話をガラス越しに見ているような、そんな感覚で最期まで鑑賞していました。

そこまでは子供向けなので全く問題ないのですが、非常に勿体無いと思ったのは、登場する生き物たちの描写です。ファンタジーの醍醐味は空想の生物に対するディテールがかなりのウェイトを占めると思うのですが、殆んどの生き物たちと細部に係わるような触れ合いはなく、アスラン率いる軍勢と魔女が率いる軍勢との戦闘シーンで、ぶつかって終わりになってしまっていました。

次回作ではもう少しその辺を楽しませてくれると、大人のファンタジーファンも取り込めるのではないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.