TOPページ>CINEMA ROOM>デジャヴ
佐助の部屋_映画レビューRSS

デジャヴ

デジャヴ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

DEJA VU

評価 ★★★★★|★★★
種別 SF/アクション/サスペンス
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 Buena Vista International
監督 トニー・スコット
出演 デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ
【ストーリー】

2006年2月28日??アメリカ、ニューオリンズ。全米最大のカーニバル"マルディグラ"を祝うため、海軍基地の500名を越える水兵とその家族を乗せたフェリー"スタンプ号"が祭りを祝う陽気な音楽が流れる中、突然、爆破・・・。543名もの犠牲者を出した悲惨なフェリー爆破事件となった。
爆破から間もなく、ATF(アメリカの連邦法執行機関、アルコール・タバコ・火器局の略)の捜査官のダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、現場で手がかりとなる証拠を探していた。そして、手がかりを握ると思われる女性、クレア・クチヴァー(ポーラ・パットン)の遺体を見た瞬間、ダグは「彼女を知ってる」という強烈な"デジャヴ"に襲われる。
彼女の部屋を捜査する為に足を踏み入れたダグの目に、はじめて飛び込んできたのは、冷蔵庫に貼られたアルファベット型マグネットで作られた「U CaN sAV her(君は彼女を救える)」の文字だった。更に彼を驚かせたのは、彼女の部屋の電話の留守録から流れる自分の声のメッセージだった・・・。


【レビュー】

難易度の高いサスペンスです。

ロケ地であったニューオリンズがハリケーン「カトリーナ」の被害に逢った事でも有名ですが、日程を遅らせてでもニューオリンズで撮影することを決断したジェリー・ブラッカイマーには敬意を送りたいと思います。おかげで地元民からはとても感謝されていますし、何よりも本物の被災地を使った映像はまさに百聞は一見にしかずでした。

またこの映画は脚本とストーリー構成が非常に巧妙に練り上げられており、話が進むに連れてグイグイと引き込まれていきます。そう言った意味では、比較する事自体がナンセンスですがその辺のB級SF映画とは完全に一線を隔しています。そしてキーワードは映画はタイトルでも有る"デジャヴ"。オープニングでいきなり爆破事件が起きたその時から"デジャヴ"が既に始まっているのです。中盤までそれに気づかせず、SFの臭いも全くを感じさせないトニー・スコット監督の手腕はさすがとしか言いようが有りません。

なおこの映画は一応SFサスペンスに分類されていますが、個人的には根底にあるのはラブ・ストーリーなんだろうと思っています。それも初対面が現場から上がった遺体であるという、他に類を見ないラブ・ストーリーなのですが。

それと非常に気に入った仕掛けが一つ。オンタイムで同時進行する"デジャヴ"です。あの仕掛けは独創的で面白かったです。(科学的観点は全く抜きですけどね)


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.