TOPページ>CINEMA ROOM>サンシャイン2057
佐助の部屋_映画レビューRSS

サンシャイン2057

サンシャイン2057_ポスター
≫≫Amazonで調べる

SUNSHINE

評価 ★★★★★
種別 SF/サスペンス/ホラー
製作年 2007
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ダニー・ボイル
出演 キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス
【ストーリー】

滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリートたち。日本人船長のカネダ以下、学者や医師らで構成される男女8人のエキスパート・チームは、可能な限り太陽に接近し、この光と灼熱の巨大な星を再生させるという極限のミッションに挑もうとしていた。しかし彼らは、人類の想像の域を遙かに超えた異常事態に巻き込まれていく。はたして8人は絶体絶命の危機を乗り越え、太陽の死、すなわち人類の破滅を阻止することができるのか……。


【レビュー】

サブリミナル映像が不愉快な映画です。

「28日後」のダニー・ボイル監督がSFを撮るなんて違和感が有ったのですが、後半に納得、ダニー・ボイル監督っぽかったですね。そう言う意味では半分期待通りではありました。あくまでも半分ですが。

特に残存酸素量で人間の頭数を冷徹に計算するくだり辺りはサスペンスの臭いが漂い、徐々にボイルっぽさが出てきてワクワクして来ます。逃げ場の無い宇宙船と言う特殊な閉鎖空間で、どんな仕掛けを見せてくれるのかと期待に胸が膨らみました。

ところがその後のサブリミナル映像のせいで一気にゲンナリモードに突入。あれは如何なものかと思います。あそこで何度もサブリミナル映像を入れる意味が全く判りません。何を狙ったのか分かりませんが、正直不快になっただけでした。それからは完全に冷めてしまって、傍観者モードに突入です。

しかし宇宙もののSF映画を作るのは本当に難しいですね。スター・ウォーズくらい飛んじゃえば何でも有りになりますが、現実味を持たせるために近未来の設定にすると、科学的な根拠がいい加減な場合は説得力が半減してしまうので、特にナイーブになってしまいます。

今回もしかり。大体あれだけ太陽に近づいている状態から太陽の光(熱)を受けないようにシールドを盾にして、垂直に重力圏から脱出するほどの推力を出せるとも思えないし、仮に第3宇宙速度が確保できて脱出出来ても、シールドから遠ざかればいとも簡単に船体が太陽に照らされて融爆してしまう訳だから、最初から片道切符でしか有り得ない話なのですね。

因みに真田広之が主演とか日本では言われていますが、キャプテン役なだけで全然主役では無かったです。特に光る演技も有りませんが、落ち着いたキャプテン役として無難に役をこなしていた印象です。

それと太陽の映像は綺麗だったなぁ。それだけは褒められる。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.