TOPページ>CINEMA ROOM>レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―
佐助の部屋_映画レビューRSS

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―_ポスター
≫≫Amazonで調べる

RED CLIFF: PART II 赤壁

評価 ★★★★★|★
種別 アクション/ドラマ/歴史
製作年 2009
製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
配給 東宝東和 - Avex Entertainment Inc.
監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン、フー・ジュン、中村獅童、ユウ・ヨン
【ストーリー】

曹操(チャン・フォンイー)の元へ男装して潜入していた孫権の妹・尚香<しょうこう>(ヴィッキー・チャオ)は、疫病で亡くなった兵士たちの死体が船に積まれ、連合軍のいる対岸へ流されていく光景を目撃する。死体に触れた連合軍の兵士から次々と疫病が感染し、曹操の非情なやり方に周瑜(トニー・レオン)をはじめ、連合軍は憤りを感じ、劉備軍は自軍の兵と民のために撤退を決意するが、孔明はただひとり戦地に残るのだった。

死線を越えたかけひき、繰り広げられる頭脳戦!

劉備たちが4万本の矢を持っていったことの責を問われた孔明は、三日で10万本の矢を調達すると周瑜に宣言。一方、周瑜も水上戦に長けた曹操軍の武将二人を排除すると宣言する。お互いの首をかけた発言に周囲は冷や冷やするが、当の本人たちは涼しい顔をしているのであった。

孔明の秘策、周瑜の戦略、小喬の決断。それぞれの命運は赤壁へ―。

連合軍が曹操軍を撃退するための作戦を練っているその時、自分が戦争の発端であることを知った小喬は、一艘の舟に乗って曹操のもとへと向かっていた…。
圧倒的な戦力差の連合軍に、はたして勝ち目はあるのか!?周瑜は小喬を取り戻すことができるのか!?孔明の秘策は通用するのか!?劉備たちは戻ってくるのか!?
歴史に残る大戦“赤壁の戦い”がいよいよ決着の時を迎えようとしていた。


【レビュー】

Part?は人物紹介編だったと納得のPart?です。

前作でジョン・ウー監督の方向性が判っていたため、今回は敢えて五虎大将(関羽、張飛、趙雲)の人間離れした戦いは許容しています。そのかわりエンターテイメントと史実を如何に融合させるのかを中心に鑑賞しました。

はっきり言えるのは、Part?だけで見るのをやめるべきでは無いと言う事です。あくまでも前作は、このPart?につなげるための序章であり、数多く登場する武将たちや関係者の人物紹介的側面が強いということです。

三国志についての予備知識が乏しく、時間的余裕のある方は、前作と続けて鑑賞した方が、完結編となる本作を楽しめると思います。

三国志を見るにあたり、何を楽しむかで評価は分かれると思いますが、エンターテイメント性を重視して戦いのシーンを期待するならば、迫力はそれなりに有るものの、決戦における火計(火を放った船を曹操軍に突撃させる)のシーンではCGの粗が目に付きますし、人間離れした将軍たちの立ち回りには苦笑がこぼれます。

逆に三国志の真髄でもある権謀術数に注目するならば、周瑜と孔明の繰り出すあの手この手の計略や策略は、なかなかに上手く表現出来ていると個人的には思います。特に「演義(小説版三国志)」で有名な“10万本の矢”や、蔡瑁を術中にはめるシークエンスは満足の行く出来でした。

ただ、呉(孫権の国)きっての戦略家である魯粛の扱いが、あまりにも酷いのは可哀想でなりません。そもそも史実では劉備と孫権の同盟を画策して成功させ、赤壁の戦いを勝利に導く礎を作ったのは他でもない魯粛です。

彼は赤壁の戦い後も、劉備たちとのいざこざを上手く捌きつつ、魏呉蜀のバランスを保ち、周瑜亡き後は後継となって孫軍をまとめ上げた実力者なのですから・・・。

三国志には数多くの“書”が有り、その中でも史実に近いとされる「正史」と小説である「演義」が有名ですが、ジョン・ウー監督はエンターテイメント性を高めるために、「演義」をベースに「レッドクリフ」のプロットを描いているようで、魯粛だけでなく尚香の役回りも必然的に本作のようになってしまうのは仕方ないのかも知れません。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.