TOPページ>CINEMA ROOM>ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
佐助の部屋_映画レビューRSS

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]_ポスター
≫≫Amazonで調べる

FANTASTIC FOUR

評価 ★★★★★|★
種別 SF/アクション/アドベンチャー
製作年 2005
製作国 アメリカ
配給 Twentieth Century Fox Film Corporation
監督 ティム・ストーリー
出演 ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス、ジュリアン・マクマホン
【ストーリー】

天才科学者リード・リチャーズと、彼の昔の恋人で女性科学者のスー・ストーム、スーの弟でパイロットのジョニー、リードの親友ベン・グリムは、スーの現在の恋人で野心的な実業家ビクターの援助を受けて、人類の進化を解明するための宇宙実験を実施する。しかし、計算外に早くやってきた宇宙雲の高エネルギー光線を浴びたことにより、DNAが変化した彼らは人間を超えた力を授かる。一方、実験の失敗で、名声と資産をなくしたビクターの体にもヘッカが訪れ、喪失感の中で、仲間を恨み、邪悪な存在になっていく。
驚き、悲しみながらも、それぞれが授かった超能力を人々を助けるために役立てようと誓った4人は、NYを舞台に、かつての友ビクターと戦うことになってしまう!


【レビュー】

とってもライトな一本です。

始まりから終わりまで、超特急列車に乗っているかのような話の展開で終ってしまいます。ササっと宇宙に行って、サクサクっと宇宙光線を浴びて超能力を身につけ、色々起こる難題をその力でチャキチャキ解決。悪の道に堕ちたかつての友人ビクターとの闘いも4人団結力であっというまに解決。・・・クライマックスってどこにあったのでしょうか?

恐らくビクターとの死闘がクライマックスなのだと思うのですが、盛り上がりに欠けていた気がしました。そこまで誘導する間の展開の早さやサクサク感に好感を持てたのですが、そのままの勢いでクライマックスを通過した感じです。何も深読みする必要もなく、有る意味爽快な映画かも知れません。

しかし、透明人間になるために全裸になるジェシカ・アルバにはドキドキさせられました。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.