TOPページ>CINEMA ROOM>M:i:3 ミッション・インポッシブル 3
佐助の部屋_映画レビューRSS

M:i:3 ミッション・インポッシブル 3

M:i:3 ミッション・インポッシブル 3_ポスター
≫≫Amazonで調べる

MISSON: IMPOSSIBLE III

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/サスペンス/スパイ
製作年 2006
製作国 アメリカ
配給 United International Pictures
監督 J・J・エイブラムス
出演 トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・モナハン、ヴィング・レイムス、マギー・Q、ジョナサン・リス=マイヤーズ
【ストーリー】

スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアンがいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路バチカンへと向かうのだった…。


【レビュー】

トムのトムによるトムのための映画です。

ジョン・ウー監督によるM:I-2での失敗を払拭するため、150億もの巨額を投入したトム・クルーズ渾身の一本。自らプロモーションやイベントなどを行い、資金調達を行っていたことでもその意気込みは感じられます。

アクション映画としてのノリは良く、テンポもそれなりにメリハリが利いていたと思います。特にバチカンに潜入するミッションは良く練り上げられており、スパイ映画としての醍醐味を満喫できました。また、銃を構える時のトムが板に付いていたのが非常に良かったです。コラテラルの撮影時にイギリス空軍特殊部隊で訓練を積んだだけのことはあります。

今回は「ラビット・フット」をめぐるストーリーとなっていますが、「ラビット・フット」とは何か?が、最期まで謎のままとなります。しかしこれはこれでストーリー進行上のキーとなっているだけですので、特に問題は有りません。それより今回残念と感じたのは、上海での潜入から脱出までの下りです。「IMFへの潜入より難しい」と言っていたわりには、そのあたりのシチュエーションが全く無いためどう見ても楽そうでした。そしてあの脱出シーン・・・。内容よりもアクションとテンポに重点を置いてたいたのは分かりますが、もうチョット考えて欲しかったですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.