TOPページ>CINEMA ROOM>ソードフィッシュ
佐助の部屋_映画レビューRSS

ソードフィッシュ

ソードフィッシュ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

SWORDFISH

評価 ★★★★★|★★★
種別 アクション/サスペンス/クライム
製作年 2001
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 ドミニク・セナ
出演 ジョン・トラヴォルタ、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、ドン・チードル、ヴィニー・ジョーンズ
【ストーリー】

元No.1ハッカー、スタンリー(ヒュー・ジャックマン)は出所後、愛する娘に会うことも出来ずに孤独な生活を送っていた。そこへ謎めいた美女ジンジャー(ハル・ベリー)が訪ねてきて、娘にも会え、さらに大金が手に入るという美味しい話を持ちかけてくる。そして彼女のボス、ガブリエル(ジョン・トラボルタ)に会ったスタンリーは、政府の不正な闇資金をコンピューター回線を使い奪うという計画を聞かされるが…。


【レビュー】

非常にハイテンポな痛快娯楽映画です。

上映時間は僅か99分。最近は120分を超える映画が数多く上映される中で、意外に短めに仕上げてきています。そしてこの約100分が丁度良い長さで全く中だるみ無く、怒涛の痛快アクションサスペンスが繰り広げられます。

この監督は「60セカンズ」でもテンポの良さには定評がありましたので、そのあたりは心得ているのでしょう。のっけから人質大爆破で幕が開けるあたりが既にツボを付いており、一気に映画の世界に引きずり込まれます。その後もド派手なカーチェイスや銃撃戦、空飛ぶ○○など、息もつかせぬスリルとアクションがてんこ盛りです。ヒューが扮するスタンリーがワームを組上げるシーンは、ある程度知識があれば「うそ臭い!」って思うかも知れませんが、まあ娯楽映画としてはビジュアル的に分かりやすくしたかったという事で許せる範囲かとおもいます。

なおこの映画、色々な出来事に2面性を持たせるという意外に凝った設定をしています。通常ハッカー(正式にはクラッカーに属する)は悪とされます。当然スタンリーが仕掛けたクラックは法的には「悪」。しかしながら仕掛けた先がFBIの電子情報盗聴システムである事を考えるとプライバシーの面から「正義」になったり、元モサド(CIAが援助していたイスラエルの諜報機関)のスパイが対テロ資金としてアメリカ政府の裏金を狙う等々。この映画の見所は、このあたりの深みのある設定と目まぐるしく入れ替わる正義と悪。あとはハル・ベリーのナイスバディ(笑)です。因みにジンジャーの素性が2転3転するのでご注意を。

それと、劇中に何度か「60秒」が「キー」として使われるのも憎い演出ですね。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2009 sasuke All rights reserved.