TOPページ>CINEMA ROOM>ラスト・サムライ
佐助の部屋_映画レビューRSS

ラスト・サムライ

ラスト・サムライ_ポスター
≫≫Amazonで調べる

THE LAST SAMURAI

評価 ★★★★★|★★
種別 アクション/ドラマ/時代劇
製作年 2003
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 エドワード・ズウィック
出演 トム・クルーズ、渡辺謙、ティモシー・スポール、真田広之、ビリー・コノリー、小雪
【ストーリー】

ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)はさまよえる男だ。彼が戦った戦闘は今や過去のささやかな出来事に変わり果てた。彼はかつて名誉と国のために命を賭けた。しかし南北戦争以降の数年間に世界はすっかり変わってしまった。実用主義が勇気に、利己主義が自己犠牲に取ってかわり、名誉などどこにも見られなくなった。とりわけインディアン討伐戦における彼の努力が失望と悔悟に終わった西部には。
ウォシタ川の岸近くの平原でオールグレンは魂を失った。
はるか遠く離れた地では、もう一人の戦士が自分の信じてきた生き方が危機にさらされていることに気が付いていた。彼の名は勝元(渡辺謙)。天皇と国のために代々命を捧げてきたサムライ一族の長として深く尊敬されている男だ。先住民を追い詰めたアメリカの西部を侵略したのと同じように、近代は伝統的な日本をも飲み込もうとしていた。発展の象徴である電線と鉄道が国土を覆い、サムライが何世紀にもわたって生き死にの拠り所としてきた価値観や規範は軽んじられるようになった。
しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。
日本の若き天皇(中村七之助)が、日本市場で金儲けを目論むアメリカ人達の助言を受け入れて日本初の近代的軍隊を訓練する教官としてオールグレンを雇った時、二人の戦士の運命がひとつに重なった。その頃、天皇の側近達は、外国貿易に積極的な近代国家の建設を目指し、サムライの根絶を企てていた。やがてサムライと遭遇したオールグレンは、彼らの行き方に思いがけなく大きく心を動かされる。それは、彼らの堅固な信念が、かつての自分の姿を思い出させるものだったからだ。
さまよえるアメリカ人戦士は、人生も、そしておそらくそれよりも大切な魂をも不安定な状態のまま、過酷な未知の土地に足を踏み入れ、最期に残った誇りと名誉だけに導かれて、二つの時代と二つの世界の間の激しく勇壮な戦いに身を投じるのだった。


【レビュー】

サムライ万歳です。渡辺謙いけてます。

今までの外国映画が表現してきた、我々日本人から見ると何とも「捻じ曲がった日本」が本作品では一蹴されています。細かい突っ込みは不要です。ここまで文明開化の日本を表現すれば、もういいでは有りませんか。ハリウッド万歳です。時代構成は、恐らく西南戦争をモチーフにしていると思われますが、西郷隆盛なぞ出てきません。全くのパラレル日本を作り出し、その中で日本が誇る時代劇役者の、渡辺謙や真田広之らが見事なまでに、武士道を見せ付けてくれます。

唯一気に入らなかったのは、「何故生き残りの武士達に鉄砲が無いのか」です。戦国時代の種子島銃はその後改良を重ね、西南戦争時には両陣営とも多用した武器のひとつです。「近代と過去」の表現でも、やはり武士達に銃くらい持たせないと、余りに無謀な戦いを挑む「過去の産物」としての印象が強く映ってしまわないでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.