TOPページ>CINEMA ROOM>機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
佐助の部屋_映画レビューRSS

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-_ポスター
≫≫Amazonで調べる

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

評価 ★★★★
種別 SF/戦争/アニメ
製作年 2005
製作国 日本
配給 松竹
監督 富野由悠季
出演 池田秀一、飛田展男、鈴置洋孝、岡本麻弥、新井里美、古谷徹、檜山修之、古川登志夫、浪川大輔、井上和彦、島田敏
【ストーリー】

人類が初めて経験した大規模な宇宙空間での戦争が、地球連邦政府とジオン公国のものだった。その最後の一年間は、人型の機動兵器、モビルスーツの実用期ともなった。あれから10年弱……。ユニバーサル・センチュリー0087(ダブルオーエイティセブン)。地球に住む人々とスペースコロニーに住む人々との確執はいまだくすぶり、人々の魂もいまだ地球の重力から解放されていなかった……。
スペースコロニー、グリーン・ノア2に住む少年、カミーユ・ビダンは連邦軍軍人への反発から、新型モビルスーツ、ガンダムMk-2を奪取。反地球連邦組織『エゥーゴ』へと身を投じる。ガンダムMk-2を奪われた連邦軍のエリート組織『ティターンズ』は、カミーユの両親を人質にとるような卑劣な作戦を強行した。結果、カミーユは眼前で両親を失ってしまう。そんなカミーユの側にいるクワトロ・バジーナ大尉は、かつてのジオン公国軍のエース、シャア・アズナブルだったが、彼は軍をあるべきものにしようという夢を抱いていた。両親の死を悲しむ間もなくエゥーゴの作戦に参加したカミーユは、大気圏を突破して地球へ降下して、出会った男がいた。かつてのシャアのライバルだった伝説の男アムロ・レイだった……。


【レビュー】

話について行けませんでした・・。

富野監督はもともとガンダムの続編を作るつもりは無かったにもかかわらず、トランスフォーマーの人気に危機感を募らせたバンダイが氏に依頼してZガンダムが誕生したのは有名な話ですが、そのような背景からか、ファースト世代の私はテレビシリーズの雰囲気に馴染めず早々に見るのを辞めてしまった事もあり、ストーリーなどの予備知識を殆んど持ち合わせていません。

ファーストガンダムの時もそうでしたが、基本的にテレビシリーズのダイジェストとして劇場版が作製される習慣があるため、本編を知らない私は見る前からある程度覚悟はしていたのですが・・・見事に予感が的中。早すぎるストーリー展開と現れては消えていく登場人物に頭の整理が追いつかずに終劇。

ただ、モビルスーツの動きなどは流石に時代を感じさせるものの躍動感に溢れていて、やはりこの辺りは一流だなと唸らされました。一つ一つのカットが短すぎて折角出てきたモビルスーツたちの活躍があまり見られないかったのは残念でしたが。

しかし変形モビルアーマーのアッシマーってトランスフォーマーの影響を受けているのかも知れませんが、私にはどう見てもマクロスのバルキリーの影響を強烈に受けているような気がするのですが・・・気のせいでしょうか。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.