TOPページ>CINEMA ROOM>ハリー・ポッターと秘密の部屋
佐助の部屋_映画レビューRSS

ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋_ポスター
≫≫Amazonで調べる

HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS

評価 ★★★★★|★
種別 アドベンチャー/ファンタジー
製作年 2002
製作国 アメリカ
配給 Warner Bros. Entertainment Inc.
監督 クリス・コロンバス
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリス、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、マギー・スミス
【ストーリー】

ハリー・ポッターの夏休みは、決して楽しいものではなかった。横暴な叔母ペチュニアと叔父バーノンは、ハリーの持つ不思議な力に恐れをなし、ますます容赦ない仕打ちをしてくる。さらには、親友だったはずのロンとハーマイオニーにも見放されてしまったらしい。何度手紙を書いても何の返事もないのだった。そんなある日、ハリーの寝室に屋敷しもべ妖精のドビーが現れ、こう警告する----ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはなりません。ドビーはハリーを学校へ戻さないために、ロンとハーマイオニーからの手紙を止めていたのだ。しかし、叔父叔母の家で酷い仕打ちにあっていること、本当の家はホグワーツ学校であると信じている彼にとっては、ドビーの必至の努力もむなしいものであった。そこへロンとロンの兄達が空飛ぶ車でハリーを救い出し、暖かいウィーズリー家へに迎えられた。しかし、ハリーとロンが9と3/4番線からホグワーツ特急に乗って学校へ向かおうとすると、どういうわけか行く手を阻まれてしまう。新学期早々遅刻ではシャレにならない。そこで二人は例の空飛ぶ車、フォード・アングリアで学校へ向かうのだが、人間に目撃されてしまったり、学校の大切な”暴れ柳”に突っ込んでしまったりで、先生に大目玉を食らってしまう。このハリーの活躍(?)は全校生徒の知るところとなり、彼はありがたくもない注目を浴びることになる。闇の魔術の防衛術の新任教師である、虚栄心の強いロックハート先生は人気者の座を我が物にしようと必至だった。そんなある日、ホグワーツのどこかにあるとされてきた「秘密の部屋」が開かれた・・・という血文字が現れる。次々と起こる謎にハリーに疑いの目が向けられる。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は再び忍び寄る魔の手と対決することを決意する・・・!


【レビュー】

ダンブルドア校長役:リチャード・ハリスの遺作となってしまった映画です。

J・K・ローリング原作のベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ第2巻の映画化で、監督は前作に続きのクリス・コロンバス。前作同様に原作に忠実に作りこまれた作品で、上映時間も161分と前作の152分を超えた力作となっています。が、やはりこれまた前作同様に内容が豊富すぎて一つ一つのエピソードが余計に薄くなってしまった感じがします。

今回の重要人物であるジニー・ウィーズリー(ロン・ウィーズリーの妹)が殆んどチョイ役のような扱いで、最期の役回りの伏線になっているとはとても思えず最期はとても唐突な感じでした。これなら誰がやっても良いような・・。本流に流れているストーリーは非常に分かりやすいだけに勿体無い作り方をしていると思います。

今作を最期にシリーズの監督を降りてしまったクリス・コロンバスの気持ちもわかります。是非次回の監督からは、ストーリー構成上不要なエピソードはバッサリと切り捨てでスマートに作り、万人受けするようにするか、コアな原作ファン向けにもっとディープに作るかハッキリして欲しいと思います。

原作が良いだけに非常にもったいない・・・。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.