TOPページ>CINEMA ROOM>GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
佐助の部屋_映画レビューRSS

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊_ポスター
≫≫Amazonで調べる

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

評価 ★★★★★|★★
種別 SF/アクション/サスペンス/アニメ
製作年 1995
製作国 日本
配給 松竹
監督 押井守
出演 大塚明夫、田中敦子、山寺宏一、大木民夫、仲野裕
【ストーリー】

西暦2029年――企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど、情報化されていない近未来。
情報化のネットワークが地球を幾重にも覆い尽くし、一方でコンピューター犯罪やサイバーテロが日常化した時代。公安9課、通称「攻殻機動隊」に所属する草薙素子は、国際的に指名手配された謎のハッカー“人形使い”を巡る捜査に乗り出すことになる。人形使いとは,さまざまな人間の記憶や行動を、脳をハッキングすることで操るという特徴的な犯行スタイルのために付与されたコードネームだったが、その正体は一切不明のままであった。
一連の事件の捜査の中で、少しずつ人形使いに近づいていくかにも思える草薙。しかし実は人形使いの方からも草薙へのアプローチを試みていた。そしてついに人形使いは草薙の前に姿を現すのだが……。


【レビュー】

日本が世界に誇るアニメです。

この作品で押井守は世界に羽ばたいたと言っても過言ではありません。事実この映画が影響を与えた作品は多く、ウシャウスキー兄弟はこれを見てマトリックスを作ったと公言していますし、スピルバーグのマイノリティリポートもヒントを得てると言われています。

私的には原作である士郎正宗の漫画の方を先に読んでいた事もあり、押井守がこれで成功したのも士郎正宗の原作の緻密な設定の賜物と思っています。(事実本編は原作そのもの)

特に首の後ろにプラグを挿しネットや他人の電脳(電子化された脳)へダイブする設定や光学迷彩(背景が透けて見えて回りに溶け込む)などは非常に斬新と言えます。映像は非常に洗練されていて特に格闘シーンの体の動きはアニメとは思えないほどです。

また銃を撃つ時の反動や薬莢の飛び方までしっかり計算されていて惚れ惚れします。更に本編で特徴的なのは、全身擬体化(サイボーグ化)した素子が自我に目覚めたプログラムと融合(ある意味結婚)すると言う設定ではないでしょうか。

何時かそのような時代が来るような予感がします。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.