TOPページ>CINEMA ROOM>姑獲鳥の夏
佐助の部屋_映画レビューRSS

姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏_ポスター
≫≫Amazonで調べる

姑獲鳥の夏

評価 ★★★★★|★
種別 ミステリー
製作年 2005
製作国 日本
配給 Nippon Herald Films Inc.
監督 実相寺昭雄
出演 堤真一、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世、田中麗奈、いしだあゆみ、恵俊彰
【ストーリー】

昭和27年夏、東京。小説家の関口は、生活のために請け負った雑文のため怪しげな噂を追っていた。ある大病院の娘・梗子が、20ヶ月も妊娠しているのに産気づかないというのだ。その上、彼女の夫も1年半前に姿を消し、行方不明のままだという。関口は何かにつけ頼っている友人の京極堂に意見を求める。博学な古本屋店主である彼の助言にしたがい、関口は同じく友人の探偵・榎木津に相談することに。そこで関口は、梗子の姉で失踪した義弟の捜索依頼に来ていた涼子と出会う。


【レビュー】

何となく乱歩っぽい感じがする映画です。

この映画は、映像化不可能といわれていた京極堂シリーズの原作を、実相寺監督がメガホンを取り映像化したものです。この監督、帝都物語のときもそうでしが、昔から怪しげな映像を使う癖があるようで、それが今回は更に磨きがかかったようです。

サブリミナル的なフラッシュと、思わず首を傾げたくなるような変な角度の映像などを織り交ぜるので、ちょっと目がが疲れました。

巷では原作ファンから非常に低い評価を頂いているようですが、私は原作を読んでいませんので何とも比較のしようが有りません。

強く感じたのは、独特のテンポと言うか前半は非常にゆっくりとした時間の流れだったのが、後半は足早に駆け抜けてしまって、非常にテンポに乗りにくかった事と、田中麗奈扮する中禅寺敦子が昭和27年という時代にそぐわない格好だった事でしょうか・・・。

あれはどう見ても現代人でしたね。ただ、永瀬が意外に良かったです。鬱な感じを巧く演じきっていました。


このサイトは管理人が趣味の範疇で運営しているものです。
サイト内で使用している画像及びストーリーについての著作権は
それぞれ映画製作元および映画配給会社に帰属します。

インデックス
ア−オ
カ−コ
サ−ソ
タ−ト
ナ−ノ
ハ−ホ
マ−モ
ヤ−ヨ
ラ−ロ

0-9
評価で検索

アカデミー賞

映画関係リンク集




Copyright © 1998-2018 sasuke All rights reserved.